フィル・スペンサー氏:「Halo 4」はMicrosoftの作品で最も高価なゲームタイトル、シリーズのブランド価値は既に30億ドル規模

2012年10月26日 19:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo 4」

昨日、大がかりなリニューアルオープンを果たしたPolygonがリローンチに併せて「Halo 4」の大規模なプレイテストと“User Research and Central Analytics”部門にスポットを当てた非常に興味深い、かつ巨大な取材記事を公開しました。

この中で、Microsoft StudiosのボスPhil Spencer氏がインタビューに応じ、Halo 4の製作費がこれまでのMicrosoftタイトルで最も大規模な予算が投じられたことを明言。さらに“Halo”フランチャイズのブランド価値が30億ドル(約2340億円)規模に達していると説明しています。 (参考:日本経済新聞が今年10月に発表した世界の企業ブランド価値ランキング

今回のインタビューでは製作費の具体的な規模には触れられていませんが、ナンバリングの前作“Halo 3”では6000万ドル(約48億円)規模の予算(※ うちプロモーションに3000万ドル)が費やされたとも言われており、Halo 4はこれを大きく越える製作費が投じられたものと考えられます。(参考:Halo 3はローンチ初週に3億ドルを売り上げた)

なお、今年7月にはHalo 4のプロモーションに用意された実写映像作品“Halo 4: Forward Unto Dawn”の製作費が500~1000万ドル(約4~8億円)規模だったことが報じられていました。

情報元:Joystiq

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.