“Aimbot競技のウィンブルドン”と称する処置を含む「Titanfall」のチート対策に関する概要が発表、実績要件の調整も

2014年3月27日 10:29 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Titanfall」
ツールの不正使用でBANされた場合にはロビーにチート検出のメッセージが赤く表示される

先日、Respawn EntertainmentがPC版のアンチチートシステム導入を予告していた「Titanfall」ですが、新たに公式サイトが更新され、Respawnが“Aimbot競技のウィンブルドン”と評する処置を含む興味深いチート対策の概要が判明。これに併せて、本作のアンチチートツールとして“Battlefield 4”にも使用されているGameblocksのアンチチートエンジン“FairFight”の採用が明らかになりました。

さらに、Gen5のReGenerateに必要な要件となっているTitanから脱出した直後のパイロットをキルするGooserチャレンジに調整が加えられることが判明しています。

■ Q&Aから判明したチート対策の概要

  • チートツールの不正使用等でBANされた場合もTitanfallは継続して利用可能だが、他のBAN対象者(チート使用者)以外とのプレイは禁じられる。Respawnはこのチーター同士でプレイさせる処置を“Aimbot競技のウィンブルドン”と説明している。
  • BAN対象者と通常プレイヤーがパーティを作成した場合、このプレイセッション中はパーティメンバー全員がBAN対象者と同じ扱いでマッチが処理され、チーター戦のみプレイ可能となる。一旦BAN対象者をパーティから除外すれば通常プレイヤーとして再度プレイ可能となる。
  • 誤ってBANされた場合にはanticheat@respawn.comが連絡先となる。

■ Gooserチャレンジの達成要件が調整

  • Titanから脱出した直後のパイロットを50人キルするGooserチャレンジの達成要件が5人に変更される。このチャレンジはGen5のReGenerateに必要な要件の1つとして設定されていた。
  • Respawnはチャレンジを達成するために満たす必要がある固有の条件を考慮し、これまでの条件が少々困難すぎたと説明している。
  • なお、既にGooserチャレンジを達成したプレイヤーには今後実施されるゲームアップデート(※ 恐らくクライアントパッチ)にて、この功績が認識出来るよう取り組みを進めている。
  • Gooserチャレンジの変更は、来るパッチの一部として近くリリースされる予定。パッチ配信までは現在の条件を満たす必要がある。
情報元及びイメージ:Titanfall, Titanfall

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.