Update:PS Plusメンバー向けのユーザー投票サービス「Vote to Play」の対象タイトル3作品が発表、PS4版“Grow Home”の登場も判明

2015年8月12日 14:12 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:8月12日15:40

新たに国内向けの“Vote to Play”第1回投票実施が正式にアナウンスされ、海外と同じく“Armello”と“Grow Home”、“Zombie Vikings”の3作品がフリープレイの候補となったことが判明。さらにサービスの概要を紹介するプロモーション映像が登場しています。

また、国内PlayStation.Blogにて投票スケジュールや候補作品の概要をまとめた紹介記事に加え、サービスの公式ページもオープンしていますので、利用される方は1度チェックしておいてはいかがでしょうか。

以下、国内向けプロモーション映像を追加した本文となります。

「Vote to Play」

本日、北米PlayStation.Blogにて、PS Plusメンバー向けに複数の未発売タイトルの中からユーザー投票で新たな“フリープレイ”作品を選ぶ「Vote to Play」の第1回投票スケジュールが発表され、先日からPS4版の登場が噂されていた“Grow Home”を含む対象タイトル3作品がアナウンスされました。(※ “Vote to Play”は国内でも実施される予定)

なお、投票期間は8月13日PT午前8時半から8月24日PT午前8時半(※ 日本時間の14日午前0時30分から25日午前0時30分)までとなっており、最終的な投票結果は受付の終了を経て開示されるとのこと。

新たに公開された国内向けの“Vote to Play”紹介映像

“Vote to Play”第1回投票の対象タイトル3作品

  • Armello:邪悪な気配に満ちた魔法世界Armelloを舞台に、探索や計画、調査、モンスターの征服、他のプレイヤーとの権力闘争を経て、Armelloの王か女王になることを目指す卓上ストラテジーとRPG要素を組み合わせたファンタジーテーマのボードゲーム、開発はオーストラリアのLeague of Geeks
  • Grow Home:母星の酸素生成を向上させるために銀河を旅して新種の植物を探しているロボット“BUD”(Botanical Utility Droid)の物語を描くUbisoft Reflectionsのオープンワールド作品
  • Zombie Vikings:“Stick It to The Man”を手掛けたZoinkが開発を進めているゾンビCo-op格闘アクション
PS4版“Armello”のイントロダクション映像
PS4版“Grow Home”とBUDを紹介するイントロダクション
PS4版“Zombie Vikings”の勢いある紹介映像

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.