Update:多数の改善と新要素を導入する「Fallout Shelter」のiOS版アップデートが配信、Android版もリリース

2015年8月13日 20:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:8月13日20:50

iOS版のアップデートに続いて、先ほどAndroid版「Fallout Shelter」が配信を迎え、一先ず海外で利用可能となっています。

以下、更新前の本文となります。

「Fallout Shelter」

7月下旬にAndroid版の発売日決定に伴い、Mr.ハンディやデスクローの導入を含むアップデートの概要が報じられていたモバイル向けのVaultシム「Fallout Shelter」ですが、先ほどAndroid版に先駆けてiOS版のアップデート1.1が配信(※ サイズは195MB)され、追加要素や改善の詳細が明らかになりました。

なお、Android版の配信はまだ開始されておらず、続報とリリースが待たれる状況となっています。

  • 幾つかのVaultが施設の建築音に引き寄せられたと思われる怒り狂ったデスクローや穴を掘るモールラットの襲撃を報告している。監督官はVault住民に対する新しい脅威に注意すべきだ。
  • Vault-Tec社は、監督者にロボット執事“Mr.ハンディ”を提供すべくGeneral Atomics International社と提携した。これに伴い、資源の回収にあたって怠惰な監督官に優しい愉快な選択肢が利用可能となる。
  • 我々のエンジニア達は、Vaultの成長を刺激する“Lliving Quarters”(リビング)の有用性を明らかに過小評価しており、全体的な人口過剰やVaultの効率減少に繋がる状況となっていた。休息のシミュレーションは調整され、全てのVaultにおける規模や構成の成長はより滑らかに進行するだろう。
  • 急進的なレイダー達はVaultの資源を盗みだすことに満足しておらず、新たにキャップも盗むよう行動する。もしVault住民をまだ武装させていないならば、今がその時だ。(※ 襲撃時の時間経過と共にキャップが減少する)
  • Vault-Tec社は、許可していない空中浮遊技術の使用を快く受け止めておらず、Vault内部で発見した浮遊する住民を永久に地面へとつなぎ止めた。(※ バグ修正)
  • 幾つかの非常に困難なデイリーチャレンジの要求値を遂行可能なレベルに調整した。どういたしまして。
  • 効率的な機械は幸福な機械であることから、Vaultシミュレーションの全体的なメンテナンスを継続している。
  • ※ 装備品のグレードを示す色分けの導入や一部UIの改善、個別に購入可能な“Mr.ハンディ”の販売といった未記載の変更も確認できる。
「Fallout Shelter」
「Fallout Shelter」
「Fallout Shelter」
「Fallout Shelter」
「Fallout Shelter」
情報元及びイメージ:iTunes

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその119
「4コマ:このババア」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.