Wolfenstein II: The New Colossus

世界的なゲーミング市場は10兆円規模に到達、モバイルとPCゲームが市場をリード

2016年12月22日 18:22 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「ゲーミング市場」

本日、Superdataが2016年のビデオゲーム市場を総括するレポートの無料販売を開始し、今年の世界的なゲーミング市場が910億ドル規模に達したと発表。Pokémon GOやClash Royaleに代表されるモバイルゲーミング市場が最も巨大な410億ドル規模のセグメントとなったほか、次いでPCゲームが360億ドル規模の市場として産業を牽引したと報告しました。

ただし、2番目に大きな市場となったPCゲーミングカテゴリは、その大部分をF2Pのオンラインタイトルとダウンロードゲームが占めており、プレミアムタイトルの収益が54億ドル規模に留まるなど(※ コンソール市場はこれに近い66億ドル)、非常に興味深いディテールが明らかになっています。

  • 2016年における世界的なゲーミング市場の売上げは910億ドルに到達。うち主要なセグメントの販売規模は以下。
    • モバイル:406億ドル
    • PC:358億ドル(前年比6.7%増)
    • コンソール:66億ドル
    • eSports:8億9,200万ドル(前年比19%増)
    • ゲーミングビデオ:44億ドル(前年比34%増)
    • VR:27億ドル
  • モバイルモバイルゲーム分野は、Pokémon GOやClash Royaleといったヒット作が市場を牽引している。
  • PCゲームについては、大部分がF2Pのオンラインタイトルとダウンロードゲームに占められており、従来のプレミアムタイトル販売は54億ドル規模となっている。
  • PCゲームのプレミアムタイトルは、Overwatchが5億8,600万ドルを売り上げ1位となったほか、次いでCS:GOとGuild Wars 2、Minecraft、Fallout 4がこれに続いている。
  • 一方PCゲームのF2Pタイトルは、League of Legendsが17億ドルを売り上げ1位となったほか、Dungeon Fighter ChallengeやCrossfire、World of Tanks、Dota 2(2億6,000万ドル)が続いている。なお、7年前にローンチを果たした首位のLeague of Legendsは、現在も1ヶ月あたり1億5,000万ドルの利益をRiotにもたらしているとのこと。一方、Dota 2の販売は1ヶ月あたりおよそ2,340万ドルで2位となっている。
  • PCゲーム市場においてF2PとeSports分野は今後3年に渡って継続的な成長を遂げるものと見られているが、一方のプレミアム市場は来年53億ドル規模に減少すると予想されている。
「ゲーミング市場」
以下の画像は原寸大のイメージにリンクしてあります
「ゲーミング市場」
「ゲーミング市場」
情報元及びイメージ:PC Gamer, DSOGaming, VentureBeat, SuperData

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.