多彩な新要素を導入する「WWE 2K17」のWindows PC版が発売開始、字幕入りのローンチトレーラーもお披露目

2017年2月8日 12:16 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「WWE 2K17」

昨晩、Visual Conceptsとユークスが開発を手掛ける人気シリーズ最新作「WWE 2K17」のWindows PC版販売がSteamにて開始され、2Kが本作の概要と商品情報をまとめたプレスリリースを発行しました。

また、PC英語版の発売に併せて最新作の新要素を紹介するローンチトレーラーが登場しています。

スープレックス・シティへようこそ、『WWE® 2K17』Windows PC 版発売開始

WWE®シミュレーションゲームの最高峰が Windows PC に登場!
史上最大のロスター、大幅に改良されたゲームプレイ内容にボリュームもアップ!

2017 年 2 月 8 日発表(東京)– 2K は、ジャンルを代表するビデオゲーム・シリーズの最新作、『WWE 2K17』のWindows PC 対応版の発売を開始したことを発表いたします。『WWE 2K17』には、シリーズ史上最大の WWE およびNXT®スーパースターのロスター、Creation Suite と Universe モードの多彩な新オプションが含まれており、MyCareer モードで Paul Heyman Guy をプレイするチャンスもあります。ゲームプレイの大幅な改良とボリューム追加など、その高いクオリティーとゲーム内容は、海外で発売されている PlayStation®4 対応版および Xbox One 対応版とまったく同じです。

用意されるエディションは『WWE 2K17 スタンダードエディション』(5,800 円)と『WWE 2K17 デジタルデラックスエディション』(8,700 円)の 2 種類で、他に『WWE 2K17 シーズンパス』(3,480 円)も用意されています。また、海外で家庭用ゲーム機のために配信されている『WWE 2K17』の全 DLC が、発売と同時にこの Windows PC 版でもご利用いただけます。2 月 7 日の PC 対応版発売以降に配信される DLC につきましては、後日ご利用が可能となります。さらに、2016 年に WWE 殿堂入りしたスーパースターたちからインスピレーションを得た、現実や空想のマッチアップを含む「Hall of Fame Showcase」の配信を、今年後半に実施予定です。

「ファンや批評家の皆様からいただいた貴重なご意見ご感想にもとづいて、ゲームプレイの中核となるメカニズムをさらに改良したほか、Creation Suite、Universe モード、MyCareer モードといった人気機能についても内容をいっそう充実させました。このシリーズの PC 対応版の発売は、昨年大きな成功を収めています。『WWE 2K17』では、全世界のより多くのお客様に、最高のクオリティーと多彩な内容を誇る WWE ゲームをお届けできるものと確信しています。」

― グレッグ・トーマス/Visual Concepts 社長

Windows PC 版『WWE 2K17』について

『WWE 2K17 スタンダードエディション』 – ゲーム購入時に含まれる内容

  • ゲーム本体
  • Goldberg Pack:伝説的な WCW および WWE スターであるビル・ゴールドバーグの 2 種類のプレイアブルバージョンを利用できるほか、WCW Monday Nitro および Halloween Havoc アリーナでのプレイが可能です。

『WWE 2K17 デジタル デラックスエディション』 – ゲーム購入時に含まれる内容

  • ゲーム本体
  • Goldberg Pack:伝説的な WCW および WWE スターであるビル・ゴールドバーグの 2 種類のプレイアブルバージョンを利用できるほか、WCW Monday Nitro および Halloween Havoc アリーナでのプレイが可能です。
  • 以下の内容を含むシーズンパス:
    • MyPlayer Kick Start:MyCareer モードの一部として発売と同時に利用可能となる自作スーパースターのレーティングと属性のアンロックと強化を行えます。また、発売と同時に利用可能となる、MyCareer モードでの属性を強化する全コスチュームのアンロックも可能。
    • Accelerator:VC Purchasable Section からアンロックできる全てのコンテンツへのアクセス権(DLC を除く)。製品へのサポートが提供される全期間にわたって有効な、すべてのプレイアブル・キャラクターについて総合ランキングと属性レベルを決定できる機能。
    • NXT Enhancement Pack:NXT スーパースター、アポロ・クルーズ、ナイア・ジャックス、中邑真輔をプレイ可能。MyCareer モードにおいて NXT で試合をすることで得られるポイントが 5 割増し。
    • Legends Pack:WWE レジェンド、ブルータス・“ザ・バーバー”・ビーフケーキ、エディ・ゲレロ、グレッグ・“ザ・ハンマー”・バレンタイン、サイコ・シッド、タタンカをプレイ可能。
    • New Moves Pack:スインギング・ネックブレーカー(WWE ディーヴァ、シャーロットの得意技)、エルブロ・ドロップ(WWE スーパースター、ザック・ライダーの得意技)、フェイス・ウォッシュ・コンボ(NXT スーパースター、サモア・ジョーの得意技)、TJP クラッチ(WWE スーパースター、T・J・パーキンスの得意技)など、様々な新技を追加。
    • Future Stars Pack:WWE と NXT のスーパースターたち、オースチン・エリーズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズ、モジョ・ローリー、タイ・デリンジャーをプレイ可能。
    • Hall of Fame Showcase(発売後に配信):カクタス・ジャック&ダイアモンド・ダラス・ペイジ vs ザ・ファビュラス・フリーバーズ(ジミー・ガーヴィン&マイケル“PS”ヘイズ)(1992 年 WCW サタデーナイト)、ザ・ファビュラス・フリーバーズ(バディー・ロバーツ&マイケル“PS”ヘイズ)vs ケリー&ケヴィン・フォン・エリック(1986 年 WCCW)、アイボリーvs ジャクリーン(2000 年スマックダウン)、スティング(ゴールド&ブラック・タイツ)vs リック・フレアー(1988 年クラッシュ・オブ・チャンピオンズ)、スティング(n.W.o.ウルフパック・リングギア)vs ブレット・ハート(1998 年 WCW ハロウィンハボック)、パパ・シャンゴ vs ザ・ゴッドファザー(ドリームマッチ)、ビッグ・ボスマン(助っ人としてアルバート)vs ビッグ・ショー(1999 年アルマゲドン)などの名勝負をプレイ可能。

『WWE 2K17 シーズンパス』 – 購入時に含まれる内容

  • MyPlayer Kick Start
  • Accelerator
  • NXT Enhancement Pack
  • Legends Pack
  • New Moves Pack
  • Future Stars Pack
  • Hall of Fame Showcase (発売後に配信)

『WWE 2K17』について

  • 最大規模のロスター:カバー・スーパースターであるブロック・レスナー、ジョン・シナ、ドゥエイン・“ザ・ロック”・ジョンソン、ストーンコールド・スティーブ・オースチン、アンドレ・ザ・ジャイアント、“マッチョマン”・ランディ・サベージ、AJ スタイルズ、セス・ロリンズ、ケビン・オーエンズ、フィン・ベイラー、ディーン・アンブローズ、シャーロット、ベイリー、サーシャ・バンクス、サモア・ジョーなど、135 人以上のWWE と NXT のスーパースターたちをプレイ可能な『WWE 2K17』のロスターは WWE ゲーム史上最大です。
  • ビル・ゴールドバーグ:Windows PC 版『WWE 2K17』を購入すると、WCW®と WWE の伝説的スターであるビル・ゴールドバーグのプレイアブル・キャラクター2 種類とプレイアブルな WCW Monday Nitro およびHalloween Havoc アリーナを無料で入手できます。
  • ゲームプレイの拡充:プレイアブルなバックステージと観客席の復活など、『WWE 2K17』では行動の自由度がアップ。ゲームプレイの主な改良点としては、レスポンスの向上、ラダー、挑発、新しいセカンダリーサブミッションといったゲームシステムのアップデート、そして多数の新作アニメーションなどが挙げられます。
  • Creation Suite:『WWE 2K17』の Creation Suite では、オリジナルの WWE スーパースターやアリーナ、入場シーン、番組などのカスタマイズ、作成、共有の自由度が向上しています。新機能として、ハイライトシーンの完全再生システムを実装しており、これを使えば試合のハイライト部分の動画を記録し、Create-a-Videoや Create-a-Victory でオリジナルの入場シーン動画を作成することができます。
  • MyCareer モード:このシリーズのキャリア・モードも本作で 3 年目。一足飛びにメイン・ロスターに名前を連ねる、“ポール・ヘイマン・ガイ”になる、より複雑な抗争に関わる、2 つ以上のタイトルを獲得する、商品ロイヤリティーから収入を得るなど、プレイヤーは WWE スーパースターになりきることができます。また、まったく新しい Promo Engine により、プレイヤーは話術とカリスマ性を披露することもできます。選んだ言葉が観客の心をどれだけ振るわせたかは、一連のストーリーオプションとパフォーマンスメーターによって示され、反応が大きいほどプレイヤーが得る報酬(レーティング、人気、預金残高のアップ)も多くなります。
  • Universe モード:『WWE 2K17』では新たに Show Presentation システムと Promo Engine を導入。これらの新機能により、乱入や試合の前や後の攻撃、WWE スーパースターの考えや気持ちの表明など、様々なことが可能になっています。さらに、おなじみのシナリオやまったく新しいシナリオなど、見直しは Universe モードのカットシーンにも及んでいます。
  • サウンドトラック:伝説的なヒップホップ・レコーディング・アーティストであり、プロデューサーであり、起業家であり、WWE の熱烈なファンでもあるパフ・ダディーことショーン・“ディディ”・コムズ自身が選曲した『WWE 2K17』のインゲーム・サウンドトラックには、有名アーティストや人気上昇中のアーティストによる以下の 13 の楽曲が含まれています:
    • Action Bronson & Joey Bada$$(フィーチャリング Rico Love) – “What About The Rest Of Us”
    • Anderson .Paak – “Come Down”
    • Andy Black – “We Don’t Have To Dance”
    • Axwell Λ Ingrosso – “This Time”
    • Black Sabbath – “Paranoid”
    • Bring Me The Horizon – “Run”
    • FIDLAR – “Drone”
    • French Montana(フィーチャリング Kodak Black) – “Lockjaw”
    • iSHi(フィーチャリング French Montana、Wale & Raekwon) – “We Run”
    • P. Diddy、Black Rob & Mark Curry – “Bad Boy For Life”
    • Travis Barker & Yelawolf – “Out of Control”
    • Twenty One Pilots – “Ride”
    • Yellow Claw (フィーチャリング Lil Eddie) – “We Made It.”

Yuke’s と 2K のスタジオである Visual Concepts の共同開発による『WWE 2K17』の Windows PC 版は、日本を含む全世界にて現在好評発売中です。(家庭用ゲーム機対応版は、国内未発売です。)

DLC やシーズンパスなど、『WWE 2K17』の詳細につきましては、wwe.2k.com でご確認いただけます。Facebook での「いいね」、TwitterInstagram でのハッシュタグ#WWE2K17 を使ってのフォロー、YouTube でのチャンネル登
録もどうぞお忘れなく。

※国内における発売日は、時差の関係でずれる可能性がありますので予めご了承ください。

WWE について

株式公開企業(NYSE: WWE)である WWE は、世界的エンターテイメントの分野で活動する統合メディアであり、リーダーとして認知されています。WWE は全世界の視聴者に対し、 1 年を通じてオリジナルコンテンツを製作、配信するビジネスポートフォリオを構築しています。WWE は、TV 番組、PPV、デジタルメディア、出版をプラットフォームとする家庭向けエンターテイメントに取り組んでいます。WWE の番組は 25 の言語に対応し、世界中で 6 億 5000 万世帯に配信されています。WWE ネットワークは、あらゆるライブ PPV、定期放送番組、膨大な VOD ライブラリなどを 24 時間体制で提供する初のオーバーザトップ・ プレミアムネットワークであり、現在 180 ヶ国以上で視聴可能です。WWE はコネチカット州スタンフォードに本社を置き、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、メキシコシティー、ムンバイ、上海、シンガポール、ドバイ、ミュンヘン、東京にオフィスを構えています。WWE(NYSE: WWE)の

追加情報については、wwe.com および corporate.wwe.com を参照してください。世界的な活動については、http://www.wwe.com/worldwide/ をご覧ください。

商標:WWE の番組、タレント名、画像、肖像、スローガン、レスリングの技、商標、ロゴ、著作権は、すべて WWE
およびその子会社の独占的財産です。その他のすべての商標、ロゴ、および著作権は、それぞれの所有者の財産です。

「WWE 2K17」
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.