PCとXbox One版「Call of Duty: Infinite Warfare – Sabotage」の配信が3月2日に決定、Steamの週末無料プレイもスタート

2017年2月24日 11:06 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: Infinite Warfare」

1月31日にPS4版の配信が開始された「Call of Duty: Infinite Warfare」(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)の第1弾DLCパック“Sabotage”ですが、本日ActivisionがPCとXbox One版“Sabotage”DLCのリリース日をアナウンスし、3月2日に配信を果たすことが明らかになりました。

さらに、本日からSteamでPC版“Call of Duty: Infinite Warfare”マルチプレイヤーのフリーウィークエンドがスタートしており、キャンペーンとゾンビモードを除くマルチプレイヤーコンテンツが26日[金]PST午後1時(日本時間の27日午前6時)まで制限無くプレイ可能となっています。

また3月2日[木]PT午前10時(日本時間の3月3日[金]午前3時)まで、PC通常版が50%オフ、“Digital Legacy Edition”が33%オフ、Modern Warfare Remasteredを同梱する“Digital Deluxe Edition”が25%オフで購入できるSteamセールがスタートしています。

第1弾DLCパック“Call of Duty: Infinite Warfare – Sabotage”

■ マルチプレイヤーマップ

  • Noir:未来のブルックリンにインスパイアされた暗く汚れた夜の都市マップ。クラシックな3レーン構成を特色とする。
  • Renaissance:北イタリア、ヴェニスの運河にほど近い街並みを舞台とする新マップで、タイトな路地と屋内環境を特色とする。
  • Neon:都市部の戦闘を想定しデザインされた仮想トレーニングセンターが舞台となる。自動車やその他のオブジェクトが突然生じるインタラクションや、長い射視線を持つ中央レーンを特色とする。
  • Dominion:Modern Warfare 2のクラシックなAfghanを再構築した火星マップ。

■ ゾンビモード“Rave in the Redwoods”

  • 80年代を描いたZombies in Spacelandから、新たに1990年代のホラー作品をテーマに扱うWillard Wyler監督の新たな罠。オリジナルの4人が再び主人公を務める一方で、それぞれに驚くような新しい役割が与えられるほか、新たなゾンビ達との戦い通じて描かれるWyler監督の邪悪なプロット、湖畔のサマーキャンプ場と90年代テクノをフューチャーしたインタラクションを特色とする。
参考:PS4版“Sabotage”のゲームプレイを収録したアナウンストレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその123
「4コマ:拾ってすぐ捨てる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.