オンラインバトルロイヤル「H1Z1: King of the Kill」が半年で10倍近いユーザー増を記録、ピークは遂に10万プレイヤーを突破

2017年3月16日 18:07 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「H1Z1: King of the Kill」

Daybreak GamesがまだSOEだった2014年4月の発表を経て、2016年2月に従来のサバイバルを継続する“H1Z1: Just Survive”から分離される形でローンチを果たしたスタンドアロンのオンラインバトルロイヤルタイトル「H1Z1: King of the Kill」ですが、ローンチ当初アップデートやマイクロトランザクションを含む運用に苦戦していた本作のユーザーベースがここ半年で急増している状況が報じられ話題となっています。

これは、ピーク12,000/アベレージ8,000まで落ち込んていた昨年の7月から大幅なプレイヤーベース増を記録したもので、3月のピークプレイヤー数が遂に10万人を突破し(※ 本日は10万2,500人越え)、およそ半年で10倍近い成長を達成しています。

参考:“H1Z1: King of the Kill”のティザートレーラー

今回の爆発的な成長は、キャラクターをワイプし、地方サーバやTwitch機能の統合、UIの刷新、マイクロトランザクションの大幅な改善をもたらした2016年9月の大規模アップデートを起因としており、このアップデート配信後にTwitchとYoutubeのライブ配信が増加。2017年2月にはTwitchの視聴時間ランキングにおいて、LoLやCS:GO、Hearthstone、Dota2、Overwatchに続く6位で見事TOP10入りを果たしました。

「H1Z1: King of the Kill」
KotKのピーク増を示すGitHypのグラフ
「H1Z1: King of the Kill」
参考:2017年2月のTwitchにおける視聴規模TOP20

Steamの統計においては、TF2やGrand Theft Auto V、ARKといった人気タイトルを抑え、プレイヤー数/ピーク共に3位となっている“H1Z1: King of the Kill”ですが、本作の開発を手掛けたDaybreak Gamesは、Sonyからの独立以降、大規模なレイオフや“EverQuest Next”のキャンセル、“Landmark”の閉鎖、John Smedley氏の退社など、厳しい状況が続いています。

KotKの開発に貢献したBrendan Greene氏の新作バトルロイヤル“PlayerUnknown’s Battlegrounds”の台頭を含め、Daybreakが今回の成長を追い風に“King of the Kill”のSteam Early Access運用を成功させることができるか、紆余曲折を経たH1Z1の今後に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:VentureBeat, Newzoo

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.