噂:「Call of Duty: WWII」の主人公はトランスフォーマーのジョシュ・デュアメルか?ビッグ レッド ワンに絡む話題も

2017年4月24日 10:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Call of Duty: WWII」

正式アナウンスを経て、11月3日の発売日は予約購入者向けベータ、Co-opモードの搭載といった噂が浮上している「Call of Duty: WWII」ですが、新たに先日ご紹介したスクリーンショットの人物が、映画“トランスフォーマー”シリーズのウィリアム・レノックス役やキングのSFミステリーをドラマ化した“11/22/63”のフランク・ダニング役で知られる俳優ジョシュ・デュアメルではないかと注目を集めています。

これは、スクリーンショットの兵士とジョシュ・デュアメルが酷似していることに加え、ジョシュ・デュアメル本人がモーションキャプチャースーツを着用した写真を公開し、さらにCall of Dutyの公式Twitterをフォローしていることから浮上したもので、今のところ確認は取れておらず、ロンドンで行われる4月26日PT午前10時(日本時間の4月27日午前2時)のお披露目イベントとライブ配信に期待が掛かる状況となっています。

「Call of Duty: WWII」
ジョシュ・デュアメルは“Call of Duty”の公式アカウントをフォローしている

なお、スクリーンショットに描かれた主人公らしき人物の肩には、赤い“1”を大きく描いたいわゆる“ビッグ・レッド・ワン”の腕章が描かれており、彼が著名な“第1歩兵師団”に所属する兵士であることがうかがえます。

“ビッグ・レッド・ワン”と言えば、“Call of Duty 2”のスピンオフとしてTreyarchが開発を手掛け、2005年11月にローンチを果たした“Call of Duty 2: Big Red One”(ニンテンドーゲームキューブ/PS2/Xbox)が第1歩兵師団の活躍を描いた作品で、マーク・ハミルがナレーションを担当するドキュメンタリー映像を交えながら、北アフリカ戦線から北上し、イタリア戦線やノルマンディー上陸作戦を経て、ドイツへと至る戦いを扱ったことが知られていました。

「Call of Duty: WWII」
主要キャラクターらしき兵士、第1歩兵師団の肩章が確認できる

一方、先日流出した“Call of Duty: WWII”の広告イメージには、最新作がノルマンディーのD-デイやヨーロッパの象徴的なロケーションを描くことが記されており、来る“Call of Duty: WWII”が“Call of Duty 2: Big Red One”のリメイクではないかとの噂も囁かれる状況となっています。

参考:ドキュメンタリーパートとゲームプレイが確認できる“CoD2: Big Red One”の映像
ロンドンで行われる最新作のお披露目について語るGlen Schofield氏

情報元及びイメージ:Charlie INTEL, Twitter, UPROXX

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.