「Divinity: Original Sin II」上で本格的なテーブルトークRPGを可能するゲームマスターモードが遂にお披露目

2017年5月10日 22:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「 Divinity: Original Sin II」

2015年9月に行われたKickstarterキャンペーンの成功を経て、昨年9月にSteam Early Access版ローンチを果たしたLarian Studiosの人気RPGシリーズ最新作「Divinity: Original Sin II」ですが、昨晩Kickstarterのキャンペーンページが更新され、本作の200万ドルゴールとして実装が決定していたゲームマスターモードをお披露目する第36弾のアップデート映像が登場しました。

今回の映像は、お馴染みLarianのボスSwen Vincke氏が、なんとシアトルの“Wizards of the Coast”本社を訪れ、“Divinity: Original Sin II”のゲームマスターモードを利用して作成したD&Dキャンペーンをプレイしてもらうという企画で、“Sword Coast Legends”をさらに進化させたような本格的なゲームモードの概要とこれを利用した楽しそうなプレイが確認できます。

また、ゲームマスターモードの情報解禁に併せて、大手メディアのハンズオンも報じられており、本モードに関する幾つかの具体的なディテールが判明しています。

Swen Vincke氏がWizards of the Coastを訪問する第36弾のアップデート映像
Polygonによるゲームマスターモードのハンズオン
2時間に及ぶセッションを放送したGameSpotのハンズオン
  • ゲームマスターモードは、テーブルトップロールプレイングの自由とコンピューターRPGのインタラクション/ビジュアルプレゼンテーションを橋渡しするコンテンツで、プレイヤーがゲームマスターとなり、ストーリーや敵を含むNPC、アイテム、リワード、シーンなど、多数のコンテンツを作成し、フレンドと共に冒険のロールプレイングが楽しめるというもので、最大4人のプレイヤーとゲームマスターでプレイ可能。
  • ゲームマスターモードには、多彩なワールドマップと予め作成済みのロケーションが100種以上用意されている。Divinity Engineのエディタ/MODツールを用いて独自のワールドマップとロケーションを作成しアップロードすることも可能。
  • ロケーションの雰囲気や環境音、楽曲、夜間を含む時刻、天候といった要素が変更可能。
  • Steamワークショップに対応しており、プレイヤーが作成したキャラクターや敵など、様々なコンテンツをダウンロードし利用できる。
  • ゲームマスターは敵を含むNPCの直接コントロールも可能。
  • NPCのダイアログやナレーション、プレイヤーの選択、エンカウントを優れたビジュアルで提示するビネットシステムを搭載。
  • テーブルトップRPG的なスキルチェックを可能にするダイスロールを導入。ダイスは4面体から100面体まで複数用意されている。
「Divinity: Original Sin II」
カスタマイズ中のNPC
「Divinity: Original Sin II」
利用可能なクリーチャーの一部
「Divinity: Original Sin II」
ゲームマスターモードを利用したモンスターとの戦闘
「Divinity: Original Sin II」
スキルチェック用のダイスも様々
「Divinity: Original Sin II」
予め用意されたキャンペーンのワールドマップ
「Divinity: Original Sin II」
美しいダイアログや投票選択が作成できるビネットシステム
情報元及びイメージ:Kickstarter, Rock, Paper, Shotgun, PCGamesN, Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.