ハル研究所が“MZ-80C”を手のひらサイズで再現する新ハード「PasocomMini」を発表、SmileBASICやMZ-80のエミュレーターを搭載

2017年5月11日 11:34 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「MZ-80C」

本日、星のカービィやハコボーイ!シリーズで知られる株式会社ハル研究所が、1970年代から1980年代に活躍したパソコンを1/4サイズで再現する新ハード「PasocomMini」(パソコンミニ)を発表し、シリーズ第1弾として1979年に発売されたシャープの名機“MZ-80C”を10月中旬に発売することが明らかになりました。

手のひらサイズに生まれ変わるPasocomMiniの“MZ-80C”は、Raspberry Pi A+をベースに、HDMIのモニタ出力やマイクロUSB電源、USBポートを搭載し、SmileBASICやMZ-80のハードウェアエミュレーションが動作する本格的な小型パソコンで、当時の人気ゲームを3本同梱しており、6月1日には予約販売が開始されるとのこと。

「なつかしのパソコンが手のひらサイズで復活!」

~小さくて新しい MZ-80C 完成しました~

1979 年にシャープ株式会社より発売されたパーソナルコンピュータ MZ-80C。株式会社ハル研究所は、この名機をミニチュアサイズで再現し、パソコンミニシリーズ第1弾として、2017 年 10 月中旬の発売を予定しています。

筐体は手のひらに乗る1/4サイズとしながらも、実機に備わっていた開閉機構を再現。モニタフードを外して画面シートを交換することで、様々なシーンを演出できるうえ、カセットデッキの開閉により、付属のカセットテープを入れ換えできるギミックも装備。

なお、こだわりは外観だけでなく、最新の BASIC プログラミング環境として、株式会社スマイルブームの「SmileBASIC」を搭載。USB-HID クラスの機器を扱うことができるうえ、GPIO ポートへのアクセスも手軽に行えます。

また、MZ-80 シリーズのハードウェアエミュレーション機能を組み込んでいるため、当時のパソコン雑誌に掲載されていた、数々のマシン語プログラムが実行可能です。さらに、SmileBASIC 上からエミュレータをコントロールできることから、CPU の実行停止やトレース実行、ブレークポイント設定やメモリへの読み書きなどの様々な操作を可能としています。

そして、このパソコンミニ版 MZ-80C には、開封後すぐに遊べるよう、当時人気の高かった3本のゲームソフトの実装を予定しています。同梱するゲームタイトルは、今後発表していきます。

■ PasocomMini MZ-80C 本体仕様

  • モニタ出力:HDMI 接続
  • 電源:マイクロ USB 端子
  • 入力:USB 接続
  • サイズ:幅 102.5× 奥行 71.25× 高さ 32.5(mm)
  • ハード:SBC としてラズベリーパイ A+ を搭載
  • ソフト:付属の MicroSD にて供給

■ 販売に関する情報

  • 予定価格:19,800 円(税抜)
  • 発売日:2017 年 10 月中旬予定
  • 販売元:BEEP 秋葉原
  • 店頭・EC ショップにて数量限定・独占販売
  • 予約開始日:2017 年 6 月 1 日
情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.