段階的に進行する大規模な攻城戦を収録した「Middle-earth: Shadow of War」の新たなプレイ映像が公開、幾つかの新情報も

2017年5月23日 19:57 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Middle-earth: Shadow of War」

先日、最新作の多彩なロケーションと大規模戦闘、予約特典コンテンツを紹介する新トレーラーが公開された期待の続編「Middle-earth: Shadow of War」(シャドウ・オブ・ウォー)ですが、昨晩海外メディアによる本作のハンズオンプレビューが解禁され、タリオンが自軍のオークを従え、敵勢力の砦を襲撃する大規模な攻城戦を収録したプレビュー映像が登場しました。

今回の映像には、砦の奪還に必要な3箇所のビクトリーポイント制圧と3体のウォーチーフ撃破、さらに砦を支配する強力なオーバーロードと対峙する屋内のボス戦など、複数のフェーズで展開する攻城戦をはじめ、レアリティが設けられた戦利品のStatsなど、興味深いディテールが確認できます。

また、ハンズオンプレビューの解禁に伴い、作品の規模を含む幾つかの新情報が判明しています。

  • “Middle-earth: Shadow of War”の対応プラットフォームはPS4とXbox One、PC。北米ローンチは8月22日予定。
  • Monolith ProductionのVP Michael de Plater氏は、“Middle-earth: Shadow of War”が前作“Middle-earth: Shadow of Mordor”に対して3~4倍の規模に達していると説明。氏は続けて、作品世界の大きさや世界の奥深さ、世界の多様さ、コンテンツに至るまで、全ての要素が3~4倍だと語り、結果的に“Shadow of War”は前作の3乗に近い規模に達していると明らかにしている。
  • 従来のタリオンとケレブリンボールの描き分けに加え、サウロン、ナズグルといった主要キャラクターに基づくカラーデザインが強化・改善され、それぞれに固有のカラー言語が導入された。
  • 前作“Middle-earth: Shadow of Mordor”は非常に高い評価を獲得したが、(後半が繰り返しに感じられるような構成を含め)必ずしも全てのプレイヤーが本作を完了したわけではなかった。これに伴い、Monolithは続編にプレイヤーを引き込むためのエンドゲーム開発や豊富なプロット、よりストーリーに重点を置いたサンドボックス/ネメシスシステム経験に注力しているとのこと。
  • また、全体を通じて困難だった前作の難易度カーブが見直され、難易度に合わせてスケールするよう改善される。
「Middle-earth: Shadow of War」
「Middle-earth: Shadow of War」
情報元及びイメージ:GameSpot, Polygon, IGN, VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.