パフォーマンスと品質の向上を図る「Rainbow Six Siege」の新サーバがTTSに導入

2017年8月3日 23:53 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege 」

予てからマップデータやライティング、キャラクターの最適化に関するディテールが報じられている「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」(レインボーシックス シージ)ですが、新たにUbisoftが公式Blogを更新し、Year2シーズン2“Operation Health”の一環として取り組んでいた新サーバをPC向けのTTS(Technical Test Server)に導入したことが明らかになりました。

過去2ヶ月に渡って開発を進めてきたという“Rainbow Six Siege”の新サーバは、これまでとは仕組みが異なるCPUの仮想化分割技術を含む新世代のゲームサーバで、今後TTSを通じて十分なデータの収集とパフォーマンスの評価を行い、ライブサーバ向けの配信に向けた準備を進めるとのこと。

情報元及びイメージ:Rainbow Six Siege, reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.