噂:「The Last of Us Part II」の舞台はワシントン州シアトルか、コンセプトアートに興味深いディテールが発見

2017年8月5日 1:28 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Last of Us Part II」

昨年12月の正式アナウンス以来、具体的なディテールが全く報じられないNaughty Dogの期待作「The Last of Us Part II」ですが、新たに海外のファンコミュニティが続編の舞台に関する解析を本格化させ、ワシントン州のシアトルが舞台の1つとして登場するのではないかと注目を集めています。

これは、正式アナウンス時に公開されたコンセプトアートの一部に、シアトルで使用される駐車場の標識や“Driftwood”と記されたビルの看板が発見されたことから一気に解析が進んだもので、異なるコンセプトアートの位置関係など、非常に興味深い要素が確認できます。

「The Last of Us Part II」
参考:正式アナウンス時に公開されたコンセプトアート、左側の標識と奥のビルに注目
「The Last of Us Part II」
参考:別のコンセプトアート、奥に駐車場の看板が確認できる
「The Last of Us Part II」
画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

上掲したイメージは、ワシントン州シアトル、1stアベニューサウスとサウスワシントンストリートの交差点を、北から南方向を見た景色とアートワーク比較したもので、コンセプトアートに“Driftwood”と描かれたビルの看板と形状が一致している。

「The Last of Us Part II」
コンセプトアートに描かれた標識とパーキングメーターをシアトルのものと比較したイメージ
「The Last of Us Part II」
参考:アートワークと同じ方向から件のビルを見たイメージ、なんと標識の位置まで合致している
「The Last of Us Part II」
以下、2枚の画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

こちらは、駐車場を描いたアートワークとシアトルの駐車場を比較したイメージで、看板に描かれた“ABM”の文言や独特な壁の構造が完全に合致している。

「The Last of Us Part II」

さらに前述した“Driftwood”の交差点と、燃えさかる駐車場は非常に近い距離に位置している。その距離、僅か250mほど。

「The Last of Us Part II」
コンセプトアートに描かれたシダは、アメリカ北西部に多く見られるタマシダに似ている

今のところ、コンセプトアートに描かれたロケーションがシアトルを指すものか、その真偽は不明ですが、ボストンからワイオミング州ジャクソンへと至るまで、アメリカ大陸の横断に近い旅を描いた初代の経緯を鑑みれば、続編の物語がシアトルのみで完結するとは到底考えられず、(今回の検証が正しかった場合)前作の旅を経たエリーが、どういった経緯でさらに1,000km近く離れたアメリカ北西部へと向かうことになるのか、本格的なプロモーションの再始動に大きな注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:Eurogamer, reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.