抗争ミッションの復活やオンライン攻城戦を含む「Middle-earth: Shadow of War」のソーシャル要素がアナウンス

2017年8月7日 23:17 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Middle-earth: Shadow of War」

先日、多彩なLootチェストとインゲーム通貨の導入が報じられた期待作「Middle-earth: Shadow of War」(シャドウ・オブ・ウォー)ですが、新たにEurogamerが本作のオンライン要素に焦点を当てたプレビューを公開。前作にも実装された抗争ミッション(他のプレイヤーを倒したオークへの報復を描く)が復活を果たすほか、共有されたプレイヤーの要塞が舞台となる攻城戦“Social Conquest”といったオンラインのソーシャル要素を導入することが明らかになりました。

また、GameSpotが新たなプレビュー映像を公開しており、ガラドリエルに仕える暗殺者“Eltariel”やケレブリンボールの記憶が舞台となるチャレンジミッションを含む未見のプレイ映像が登場しています。

オンラインソーシャル要素のプレビュー、プレイヤーの要塞に攻め入るゲームプレイが確認できる
  • “Middle-earth: Shadow of War”は、ローンチ時に2つの非同期系ソーシャル要素を導入する。1つ目は前作から引き続き登場する“Vendettas”(日本語版は抗争ミッション)、もう1つは新要素の“Social Conquest”と呼ばれる新モードとなる。
  • 抗争ミッションは、前作と同様のシステムながら、そのスケールを増しており、完了した場合は報酬として“Vendetta Loot Chest”が与えられる。
  • “Social Conquest”は、プレイヤーが自軍のオーバーロードやキャプテン達を配置した取得済みの要塞をオンラインで共有し、これを他のプレイヤーと戦わせる新モード。“Social Conquest”には、Friendly Conquestsとランクモードの2種類が存在し、ランクモードでは攻撃側の配下が死亡した場合、実際に死亡扱いとなる。
  • “Social Conquest”の要塞を攻め落とした場合、報酬としてConquest Loot Chestが与えられる。
ガラドリエルに仕える暗殺者“Eltariel”が姿を見せるミッション
騎乗可能なクリーチャーに焦点を当てたGameSpotのプレビュー
こちらはケレブリンの過去をテーマに描くチャレンジモード“Ring-Maker’s Memories”のゲームプレイ
情報元:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその131
「4コマ:悲痛の短剣」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.