バトルロイヤル系PvPvEサバイバルホラー「Hunt: Showdown」の武器にスポットを当てる開発映像が公開、パーマデスに関する情報も

2017年8月24日 11:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hunt: Showdown 」

“Hunt: Horrors of the Gilded Age”の後継として本格的な再始動を果たし、PvE戦を含む2人ペア/5チーム(2v2v2v2v2)のバトルロイヤル系サバイバルシューターとして大きな注目を集めるCrytekの新作「Hunt: Showdown」ですが、新たにPC Gamerが本作の多彩な武器にスポットを当てる開発映像とインタビューを公開。独創的な武器の外観や入手した装備を永久に失うパーマデス要素の概要が明らかになりました。

  • “Hunt: Showdown”にて入手した武器は、PlayerUnknown’s Battlegroundsと異なり、マッチを超えて継続的に使用可能。マッチ中にキルした敵の装備はLootできず、武器と装備品はゲーム内通貨を利用し購入する。
  • マッチ中に死亡した場合、マッチに持ち込んだ装備品は全て永久に失われる。
  • 1890年代のルイジアナが舞台となる“Hunt: Showdown”には、モシン・ナガンやモーゼルといった実在した銃器に加え、鉄条網を張り巡らせる爆弾のようなフィクショナルなデバイスが登場する。
  • ゲーム内で利用可能な武器のラインアップは、プレイヤーの“Bloodline”ランクによって決定される。新しい武器をアンロックした場合、ゲームのバウンティを通じて得られるゴールドを利用し購入可能となる。ランクが高い程、多数の武器が選択可能となり、購入後はプレイヤーの兵器庫に追加され、個々のハンターに割り当てることが可能となる。
  • マッチ中にプレイヤーが死亡した場合、持ち込んだ装備は永久に失われるが、パートナーの蘇生によってそれを防ぐことができるためリスクが軽減される。
  • 本作の武器に耐久度は存在しない。
  • 前述した通り、キルした敵プレイヤーの装備を略奪することはできない。ただし、他チーム/プレイヤーのバウンティを奪うことは可能で、他のチームに探索や雑魚/ボス処理といった嫌な仕事をまかせ、途中で報酬を奪う待ち伏せのシナリオをもたらす。
参考:6月下旬に公開された“Hunt: Showdown”のゲームプレイ映像

PC向けの新作となる“Hunt: Showdown”は、10人のプレイヤーが2人ペアの5チームに分かれ、クリーチャーがはびこる不気味なオープン環境で賞金の対象となるボスモンスターの討伐を争うバウンティハンターテーマのゴシックなホラーサバイバルシューターで、ボスモンスターの討伐と討伐後の戦利品を巡る対人戦に分かれる段階的な進行や、パーマデスと蘇生有りのゲームシステム、“The Division”のダークゾーンに似た敵チームとの関係性、Evolve的なモンスターハント、CryEngineによる見事なライティングといった要素を特色としています。

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその134
「4コマ:バグって掘れない」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.