Wolfenstein II: The New Colossus

「Fallout: New Vegas」は当初グールやスーパーミュータントとしてプレイできる別の作品だった、Obsidianが誕生の経緯を明かす

2017年9月14日 17:21 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout: New Vegas」

先日から、2012年にキャンセルされたアクションRPG“Stormlands”や“Alpha Protocol”の続編に対する意欲、Leonard Boyarsky氏とTim Cain氏の黄金コンビが取り組む未発表新作の話題に絡むインタビューの公開が続いているObsidian Entertainmentですが、新たにスタジオのボスFeargus Urquhart氏がEurogamerのインタビューに応じ、傑作「Fallout: New Vegas」の誕生について言及。計画が始動した当初、“New Vegas”がグールやスーパーミュータントとしてもプレイできる「Fallout: Sin City」と呼ばれる作品だったことを明かし話題となっています。

  • Obsidianの“Fallout”プロジェクトが始動した当初、Obsidianは3種の種族でプレイできるアイデアを持っていた。プレイアブル種族は人間とグール、スーパーミュータントから選択可能で、種族の選択は武器やアーマーの効果にそれぞれ異なる影響を与える予定だった。ただし、この困難なアイデアはBethesdaにとって悪夢のように感じられ、否定された訳ではなかったが、この挑戦を諦めるよう強く提案されたとのこと。
  • “Fallout”に関するBethesdaとObsidianの対話は2008年から2009年頃(参考:FO3は2008年10月発売)にスタートし、当時はまだ(この後キャンセルされ、スタジオを閉鎖の危機に陥れる)エイリアンRPGやAlpha Protocolの開発が進行しており、Bethesdaの内部チームが計画を進めていた。
  • この“Fallout”プロジェクトは、大規模な拡張パックとして計画されたもので、当初から“Fallout 4”となる計画でないことは明白だったが、Obsidianはこのプロジェクトが単なる拡張パックとして捉えられるのではないかと懸念。Obsidianは“Grand Theft Auto III”における“Grand Theft Auto: Vice City”や“Grand Theft Auto: San Andreas”に相当する作品を想定していた。
  • 元々“Fallout”を生んだBlack Isleが前身であるObsidian(※ Feargus Urquhart氏はFallout 2の開発を率いたリードデザイナーの1人)は、Bethesda Game Studiosが“Fallout 3”で東海岸を描いたことから、Obsidianは西海岸を舞台として選択。アイデアの1つとしてNew Reno(※ Fallout 2に登場した都市、New VegasにはNew Reno出身のNPCが複数登場する)が浮上し、その後ラスベガスの調査を進めた際に、砂漠へと連れ去られた誰かを殴打し、墓穴に投げ込むギャング達というシーンのアイデアが誕生。Feargus Urquhart氏は、これが全てを決定付けたと振り返っている。
  • BethesdaはObsidianとBlack Isleの来歴を深く信用したことから、提案書は僅か3ページ程度の単純なものだったとのこと。
  • 最初の提案時における名称は“Fallout: Sin City”だったものの、その後早い段階で“Fallout: Vegas”に変更され、最終的に“Fallout: New Vegas”となった。
  • “Fallout: New Vegas”におけるBethesdaとObsidianの契約には、Metacriticのスコア85に達することで支払われるボーナスが存在したが、本作のMetascoreは84で85には達しなかった。
参考:Leonard Boyarsky氏とTim Cain氏、Feargus Urquhart氏が初代とFO2の開発について語る夢のような鼎談
情報元:Eurogamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.