Just Causeシリーズを生んだ「Avalanche Studios」が次世代プラットフォームを視野に入れたエンジンの開発者募集を開始

2017年9月25日 16:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Avalanche Studios」

2015年にローンチを果たした“Mad Max”と“Just Cause 3”を経て、2つのサンドボックスアクションを手掛けているお馴染み「Avalanche Studios」ですが、新たにスタジオが公式キャリアページを更新し、シニアマルチプレイヤープログラマの募集を開始。なんと早くも次世代プラットフォームを視野に入れたエンジン開発を進めていることが明らかになりました。

今回の募集は、“theHunter: Call of the Wild”に用いられた内製のオープンワールドエンジン“Avalanche APEX”(※ Mac MaxとJust Cause 3は従来のAvalanche Engine)にマルチプレイヤーを統合するために開始されたもので、Avalancheは現行のプラットフォームだけでなく、既に次世代プラットフォームの登場に向けた開発を進めていると明らかにしています。

今のところ、次世代プラットフォームを想定した具体的なディテールは提示されていませんが、既に一部ではクロスジェネレーションを見越した開発が水面下で始動しつつあるのか、Avalancheの次回作と併せて今後の動向に改めて注目が集まるところです。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその120
「4コマ:今更クエストなので、さっさと終わらせます」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.