Wolfenstein II: The New Colossus

Activisionが「オーバーウォッチ」の映画化に意欲、Tim Kilpin氏が是非とも実現したいとアピール

2017年11月11日 15:50 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Overwatch」

Activision Blizzard作品の映像化を専門に手掛ける新スタジオ“Activision Blizzard Studios”を設立し、アニメ“スカイランダーズ・アカデミー”の成功を経て、現在は“Call of Duty”シリーズのシネマティックユニバース構築を掲げた第1弾長編映画の製作を進めているActivisionですが、新たにActivision Blizzard Consumer Products Groupの社長兼CEO Tim Kilpin氏がMCVのインタビューに応じ、「オーバーウォッチ」の映画化を是非とも実現したいと語り話題となっています。

これは、“Call of Duty”の長編映画公開後の取り組みとして、“オーバーウォッチ”が映画化される可能性はあるかとの質問に対して、Tim Kilpin氏が明らかにしたもので、氏は“オーバーウォッチ”が単にビジネス的な原動力を担うだけのゲームではなく、映画やTVを含むリニアなコンテンツやeSportsを通じてオーディエンスを拡大する機会そのものであり、この種のフランチャイズを注意深く新しい規格へともたらすことは絶対的に正しいと明言。

Tim Kilpin氏は、“オーバーウォッチ”の映画化が実際に進んでいる計画ではないことを前置きした上で、適切な脚本やストーリーを得られない限り映画化に着手することはないと述べ、品質を二の次に計画を進めるようなことはあり得ないと強調しています。

先日は、Michael Chu氏が長編コミックに強い意欲を示していた“オーバーウォッチ”ですが、いつか従来の短編アニメーションや無料コミックを超えて壮大なユニバースを描く機会が実現するか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

なお、“Call of Duty”の映画化については、軍事専門家や退役軍人の協力を得て、既に広範囲なリサーチと既存タイトルのプロットを流用しない脚本の執筆が進められており、早ければ2018年に最初の長編映画が公開されると報じられていました。

情報元:MCV

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.