「Hunt: Showdown」の多彩な銃とその挙動に焦点を当てる第1弾のライブ配信映像がお披露目

2017年11月17日 23:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Hunt: Showdown」

先日、クローズドアルファのサインアップ受付が開始された期待作「Hunt: Showdown」ですが、新たにCrytekが本作の主要な開発陣が出演する第1弾の公式ライブ配信を実施。本作の多彩な銃とモジュール化された多数のバリエーション、銃毎に大きく異なる挙動、部位ダメージにより異なる動作を見せるクリーチャー、実際のマッチなど、順調な進捗が窺える非常に興味深い映像が登場しました。

「Hunt: Showdown」
本作に登場する武器の一部、近接武器や幾つかのバリアントも確認できる
「Hunt: Showdown」
モジュール化によって多彩な組み合わせが生じるバリアントの例
「Hunt: Showdown」
同じショットガンでも用途や外観が大きく異なる

PC向けの新作となる“Hunt: Showdown”は、10人のプレイヤーが2人ペアの5チームに分かれ、クリーチャーがはびこる不気味なオープン環境で賞金の対象となるボスモンスターの討伐を争うバウンティハンターテーマのゴシックなホラーサバイバルシューターで、ボスモンスターの討伐と討伐後の戦利品を巡る対人戦に分かれる段階的な進行や、パーマデスと蘇生有りのゲームシステム、“The Division”のダークゾーンに似た敵チームとの関係性、Evolve的なモンスターハント、CryEngineによる見事なライティングといった要素を特色としています。

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.