QWOPを生んだBennett Foddy氏の最新いらいらゲーム「Getting Over It with Bennett Foddy」が遂にSteamで発売

2017年12月7日 12:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Getting Over It with Bennett Foddy」

ラグドール技術を用いた100m走シミュレーション“QWOP”や続編“CLOP”、ハチを飛ばす“Plan Bee”といった作品で知られるBennett Foddy氏が、ある特定の人たちを傷つけるために作ったと掲げ、10月に“Humble Monthly”バンドルで先行リリースされた新作アクション「Getting Over It with Bennett Foddy」ですが、本日遂にSteam向けの販売がスタート。国内から820円で購入可能となりました。

“Getting Over It with Bennett Foddy”は、大きな釜に下半身を潜らせ、ハンマーを手にした全裸の男がひたすら高所を目指すQWOP系の新作で、Bennett Foddy氏の悪意が実体を以て顕現したような大変な作品となっています。積み上げた苦労が一瞬で瓦解する絶望に、ある種の喜びを感じる“特定の人”は作品の概要とトレーラーをチェックしておいてはいかがでしょうか。

参考:9月末に公開された“Getting Over It with Bennett Foddy”のアナウンストレーラー

■ このゲームについて

特定の人に向けて、誕生した、ゲーム。

特定の人を、傷つけるために。

Getting Over It with Bennett Foddyは、懲罰にあふれた“登る系”ゲーム。Jazzuoが2002年に生み出したB級ゲーム“Sexy Hiking”への敬愛の体現でもある。マウスでハンマーを動かしひたすら進む。ただ、それだけ。練習を積むことで、ジャンプ、スイング、登山、滑空が可能に。山頂を目指す挑戦者を待ち受けるのは、偉大なる神秘と素晴らしきご褒美。

Jazzuoによる名言を引用:「登山という行為は、人生の歩み方によく似ている。覚え、うまくやること」

  • ハンマーと大釜だけで、壮大なる山を制覇
  • 問題に対する少し哲学的なコメントも随所に登場
  • 実力に応じて、2時間〜最大で無限に続く苦痛の時間(試験者の最速クリア時間は5時間…しかし平均値は…ほぼ無限)
  • 全ての成果が瓦解する(幾度となく)
  • 今まで味わったことのないレベルの葛藤
  • 頂上に到達した者を待つのは魅惑のご褒美
情報元:Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその122
「4コマ:そろそろアレをやります」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.