Chucklefishが開発を手掛ける新作ストラテジー「Wargroove」のユニット“Spearman”がお披露目

2017年12月22日 22:36 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Wargroove」

ファミコンウォーズやファイアーエムブレムにインスパイアされたクラシックなターンベースストラテジーとして注目を集める「Wargroove」ですが、新たにChucklefishが本作の公式サイトを更新し、本作のプレイアブルな4種族に属するユニット“Spearman”の外観をお披露目しました。

本作の槍兵“Spearman”は、動物に対するアドバンテージを持つ近接ユニットで、隣に別の“Spearman”を配置した際にはダメージ増加のパッシブ効果が得られ、強力な防壁として役立つとのこと。

各種族の“Spearman”、勢力が違ってもすぐに攻撃を繰り出せるしゃがみ体制で簡単に見分けが付く

なお、今回お披露目された“Spearman”のイメージは、左から赤い衣装が印象的な“Cherrystone Kingdom”、アンデッドが集う“Felheim Legion”、モンスター勢力“Heavensong Empire”、植物のような種族“Floran Tribes”のものとなっています。

参考:こちらは4種族の“Archer”、一般的な遠距離攻撃ユニット

参考:こちらは歩兵として活躍する“Soldier”、最も安価なユニットで移動力に秀でる

Xbox OneとNintendo Switch、PC向けの新作となる“Wargroove”は、ファミコンウォーズやファイアーエムブレムにインスパイアされたターンベースストラテジー作品で、最大4人プレイ可能なマルチプレイヤーやシンプルで遊びやすいシステム、習熟が困難な奥深いメカニクスを特色としており、2018年初頭の発売を予定しています。

■ “Wargroove”の概要

  • 開発はロンドンのChucklefish。対応プラットフォームはXbox OneとNintendo Switch、PCを予定。
  • ストーリーモードの進行に伴いアンロックされる12人を超える司令官と4種の勢力。
  • 司令官にはそれぞれ独自の目的と個性が存在し、彼ら自身の長大なキャンペーンが用意される。
  • 完全なルールカスタマイズを備えたローカル/オンライン両対応のマルチプレイヤースカーミッシュ。
  • ローカルとオンラインに対応する対戦/Co-opプレイ。
  • 簡単に使用できるインゲームのマップ/キャンペーンエディタ。
  • 美しい高解像度ピクセルアートを用いたバトルシーン。
  • StarboundのFloran族がプレイアブル勢力として登場。
情報元及びイメージ:Wargroove, Wargroove, Wargroove

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその124
「4コマ:千里眼」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.