ランダムカードパック販売を排した“指輪物語”カードゲーム「The Lord of the Rings Living Card Game」のディテールがアナウンス、開発は多数のボードゲームを手掛けるFantasy Flight

2018年1月16日 0:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Lord of the Rings: Living Card Game」

ゲーム・オブ・スローンズやスター・ウォーズ、指輪物語の多彩なボードゲームをはじめ、当サイトではFalloutやDOOM、シヴィライゼーション、XCOM、The Witcherといった作品のボードゲームでもお馴染み“Fantasy Flight”が、昨年12月上旬に初のビデオゲーム作品となる「The Lord of the Rings Living Card Game」をアナウンスしました。

Fantasy Flight Gamesのデジタル部門“Fantasy Flight Interactive”が開発を手掛ける“The Lord of the Rings Living Card Game”は、“指輪物語”をテーマに扱うデジタルカードゲームで、近年のCCGブームにおいて一般的なランダムなカードパックの販売を行わないF2P作品として発表され話題となりましたが、新たにスタジオのコミュニティマネジャーLuke Walaszek氏がVentureBeatのインタビューに応じ、ビジネスモデルやゲームプレイのディテールに関する幾つかのディテールが判明しています。

参考:12月上旬に公開された“The Lord of the Rings Living Card Game”のティザートレーラー
  • “The Lord of the Rings Living Card Game”は、2018年発売予定のPC向けF2Pタイトルで、ストーリーベースのゲームプレイとCo-opにフォーカスし、ランダム要素を排したラインアップ固定のカード販売モデルを特色としている。
  • 2018年Q1にシングルプレイヤーのみ実装したSteam Early Access版がリリース予定。その後のアップデートを通じてCo-op機能が実装され、2018年後半にF2Pタイトルとして製品版ローンチを果たす予定。
  • 予めビルドを構築済みのカードパックは、ゲームプレイを通じて得られるインゲーム通貨“Valor”でも購入可能で、シングルプレイ時もオンライン接続が必須となる。
  • プレイヤーは3人のヒーローからなるグループを操作し、ミッションをプレイする。プレイアブルなヒーローとして、アラゴルンとアルウェン、ギムリの登場が確認済み。
  • ミッションの目標達成に異なる選択が用意されており、闇の森を超える冒頭のミッションでは、森をそのまま抜けるか、ビルボ達一行と似た川を進む経路を進むか、異なる経路が選択できたとのこと。この選択によってロケーション間の展開が変化し、ここで得たアドバンテージや被ダメージが後のミッションに引き継がれ影響を与える。なお、冒頭のミッションは、谷間の国の王ブランドから老グリムビヨルン(※ ビヨルンの息子)にメッセージを届ける任務が描かれたとのこと。
  • デッキは30枚のカードで構成され、カード上部には各カードの属性(スフィア)を示す色が用意されている。紫はアラゴルンに代表されるリーダーシップスフィア、緑はアルウェンに代表されるヒールやヒーロー/配下の生存をサポートするロアスフィア、青は一つの指輪に対抗しうるフロドのような精神力の高さを特色とするスピリットスフィア、赤はギムリに代表されるタクティクススフィア。
  • ガラドリエルが与える恩恵のような特別なエフェクト“アタッチメント”が存在し、スペシャルとアーマー、ウェポンの3カテゴリに分類される。これはデッキのカスタマイズ要素として機能している。
  • ゲームプレイは、サウロンが中つ国の掌握に十分な力を得る脅威レベルが存在し、カウントダウンタイマーのような役割を果たす。脅威レベルが50に達するとゲームオーバーとなり、キャラクターにはそれぞれ固有の脅威値が設定されている。例えば、サウロンの目にとって主要な脅威であるアラゴルンの値は11と高いが、フロドの脅威値は非常に低く、青のスピリットスフィアは脅威を減少させる効果を持っている。
「The Lord of the Rings: Living Card Game」
「The Lord of the Rings: Living Card Game」
「The Lord of the Rings: Living Card Game」
「The Lord of the Rings: Living Card Game」
情報元及びイメージ:VentureBeat, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.