100年後の火星が舞台となるオープンワールドサバイバル「Memories of Mars」がアナウンス、開発はTropico 6のLimbic Entertainment

2018年1月19日 16:55 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Memories of Mars」

本日、505 Gamesが100年後の火星を舞台とするオープンワールドサバイバルサンドボックス「Memories of Mars」を発表し、Tropico 6やMight and Magic X Legacy、Might & Magic Heroes VIIで知られるドイツの“Limbic Entertainment”が開発を担当していることが明らかになりました。

“Memories of Mars”は、テラフォーミングと植民地化が頓挫した100年後の火星を舞台に、数週間おきに地表を襲う致死的な太陽フレアによって寿命が著しく制限されるクローンを主人公とする一人称視点のPC向けの作品で、2018年春のSteam Early Access版ローンチを予定しているとのこと。

また、発表に併せて16平方kmを超える火星の広大な環境をはじめ、シューターや拠点の建築要素を持つゲームプレイを紹介するアナウンストレーラーが登場しています。

“Memories of Mars”のアナウンストレーラー
  • 砂漠や火口、渓谷、岩の大地からなる16平方kmを超える火星のオープンワールド環境。放棄された町や探鉱、工業設備、バイオドーム、ビークルなど、85種を超える探索可能なロケーションが存在する。
  • 体力やスタミナ、食物、体温、酸素の管理を含むサバイバル。
  • 植民地化に失敗し暴徒と化したNPCや別のプレイヤー、クリーチャーといった存在が敵となる戦闘。
  • Co-op可能な建築システム。
  • Unreal Engine 4を採用し、2018年春のSteam Early Accessローンチを予定。

余談ながら、奇しくもTropico 5を含む後期“Tropico”シリーズを手掛けたHaemimont Gamesは、現在Paradoxの下で同じく火星のテラフォーミングをテーマに描く新作シム“Surviving Mars”を手掛けています。今回の“Memories of Mars”は、Haemimontの後任としてTropicoシリーズ最新作に取り組んでいるLimbic Entertainmentが、505 Gamesとの提携の下で開発を進める新規タイトルであり、両タイトルの名称や出自が似ていることもあって、少々ややこしい状況となっていますのでご注意下さい。

「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
「Memories of Mars」
情報元及びイメージ:DSOGaming, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.