発売が迫る「Kingdom Come: Deliverance」の大規模な“ゲーム・オブ・スローンズ”MODプロジェクトが始動

2018年2月5日 16:56 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Kingdom Come: Deliverance」

2018年2月13日の発売がいよいよ目前に迫るWarhorse Studiosのデビュー作「Kingdom Come: Deliverance」ですが、予てからMOD対応が明言されている本作の大規模な“ゲーム・オブ・スローンズ”トータルコンバージョンMODプロジェクトが早くも始動し話題となっています。

これは、昨年1月末に当サイトでご紹介した“Total War: Attila”用ゲーム・オブ・スローンズMOD“Seven Kingdoms”のチームが現行の計画を中止し、新たに“Kingdom Come: Deliverance”向けのMODとして再スタートを果たすもので、よりドラマ版“ゲーム・オブ・スローンズ”に忠実なコンテンツの制作が進められるとのこと。

なお、計画の変更はMODツールとエンジンの差が主な要因で、モダンとは言えない“Total War: Attila”のMODツールにはカスタムマップ周りのバグが多く、ウェスタロスを舞台とするキャンペーンが実現できなかったものの、“Kingdom Come: Deliverance”はCryEngineを採用しており、アセットやシェーダーの品質も高く、なによりも“Kingdom Come: Deliverance”のオープンワールドとストーリードリブンな構造、中世のロケーションが“ゲーム・オブ・スローンズ”にマッチしていることが挙げられています。

参考:Attila版“Seven Kingdoms”のプロモーション映像

なお、Total War: Attila用の“Seven Kingdoms”は、ラニスター家やバラシオン家、ナイツ・ウォッチ、ボルトン家、グレイジョイ家、スターク家といった勢力と共に、タイウィン・ラニスターやジェイミー、ジョン・スノウ、ラムジー、スタニスといったお馴染みのキャラクターをプレイアブルキャラクターとして導入し話題となっていました。

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.