続報:リアルタイムレイトレーシング技術を用いた「Metro Exodus」のGDC技術デモ映像が公開

2018年3月23日 10:26 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Metro Exodus」

先日、MicrosoftのDirectX Raytracingを用いたNvidiaのリアルタイムレイトレーシング技術“RTX”の採用が報じられた4A Gamesの期待作「Metro Exodus」ですが、新たに4A Gamesが予告通りRTXを利用した“Metro Exodus”の技術デモ映像を公開しました。

今回のデモは、昨年6月に公開されたアナウンスゲームプレイトレーラーと同じロケーションを用いて、事前コンピュートではないリアルタイムのグローバルイルミネーション表現(完全リアルタイムのアンビエントオクルージョンと間接光表現)を導入したもので、タイトルの性質上レイトレーシングと言えば期待されがちな所謂ツルツルピカピカの一見派手な効果は見られないものの、暗所や屋内の描画に大きな差が見られる非常に興味深い内容となっています。

4A Gamesが公開した“Metro Exodus”のRTX技術デモ映像
参考:以前に公開されたプレイ映像、3分5秒からの屋内シーンを比較すると
暗所における間接光の表現に大きな差があることが分かる

様々なソリューションが存在する事前演算とリアルタイムのGIには、それぞれ異なるメリットとリスクが存在し、タイトル(光源の数やダイナミックさの重要度)に併せた妥協や取捨選択が必要でしたが、4A Gamesはダイナミックライティングが常にMetroシリーズの最優先事項だったと述べ、グローバルイルミネーションがオブジェクトを適切に接地させ、形状の視認性を向上することで、プレイヤーに対するナビゲーションやビジュアルのインパクトを向上させる効果があったと説明。

これまで、4A Gamesはダイナミックなコンテンツを実現するために、幾つかのカスタムメイドなシステムを組み合わせて使用してきたものの、これらのニーズを全て満たし、オフラインレンダラと同等の品質を出力する技術として、既存の独自技術をRTX単一のシステムに置きかえることができると明らかにしています。

情報元及びイメージ:4A Games, All Games Delta

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその129
「4コマ:ずるずる」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.