新生「God of War」の開発を率いたCory Barlog氏がオリジナルの新作に意欲、クレイトスの変遷を描いた新たな開発映像も

2018年4月17日 0:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「God of War」

4月20日の世界ローンチまで、残すところ僅か4日となった新生「God of War」(ゴッド・オブ・ウォー)ですが、新たにSkill UpのRalph氏が最新作の開発を率いたCory Barlog氏のインタビューを公開し、氏の次回作がオリジナルの新作になるのではないかと注目を集めています。

これは、次の取り組みについて語ったCory Barlog氏が、自身が持つオリジナルのビジョンから何かを実現したいと語り、まずSonyを説得する必要があると説明したもので、今のところオリジナルのアイデアに関する具体的なディテールは明かされていません。

Skill Upが公開したCory Barlog氏のインタビュー
評価に対する見解や氏の野心的な取り組みを支えたチームへの感謝が印象深い

余談ながら、Cory Barlog氏はジャッフェと共に初期God of Warシリーズの開発と成功を支えた中心人物の1人で、2010年1月のSCEA退社後は、ジョージ・ミラー監督のプロダクションKMMで映画“マッドマックス 怒りのデス・ロード”のタイイン作品としてアナウンスされた新作の開発を率いたものの、AvalancheやTeam Bondiが絡む紆余曲折と計画の頓挫を経て、2012年3月にCrystal Dynamics入り。そこで“Tomb Raider”の新プロジェクトに参加したものの、その計画も日の目を見ず、多数のプロジェクトに関わりながら8年ものあいだ1本もタイトルをリリース出来ない状況となっていました。

今回の新生“God of War”が実現した前代未聞のワンカット構成は、Cory Barlog氏がCrystal Dynamics時代に実現を試みたアイデアとされており、不遇の時期を過ごした氏がどんな独創的なビジョンを温めているのか、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

クレイトスの変遷にスポットを当てるカウントダウン映像
他者との交わりが争いの原因と考え孤独を選んだクレイトスが、自身の内面に問題を見出す過程が非常に興味深い

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.