“Shadow of the Tomb Raider”を手掛ける「Eidos Montréal」が3つのプロジェクトを進行中、現在のスタジオは500人規模に

2018年5月15日 17:44 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Eidos Montréal」

先日、新生“Deus Ex”シリーズに関する言及が話題となった「Eidos Montréal」ですが、“Shadow of the Tomb Raider”の開発を担当するスタジオの動向に注目が集まるなか、スタジオを率いるDavid Anfossi氏がVenture Beatのインタビューに応じ、Mankind Divided発売以降のスタジオの大きな変化や現状に言及。現在、“Shadow of the Tomb Raider”を含め3つのAAA開発を平行して進めているほか、スタジオが500人規模に達していることが明らかになりました。

  • 2007年に設立され、新生Thiefと新生Deus Exシリーズを手掛けた“Eidos Montréal”は、当初350人規模のスタジオだったが、現在は500人規模にまで拡大している。
  • Mankind Dividedに取り組んでいた3年前まで、スタジオは一度に1つのプロジェクトに注力していたが、現在はAIや機械学習を含む研究開発部門の設立を含む大規模な再編に伴い、3つのプロジェクトが平行して進められている。
  • 現在進められている3つのプロジェクトは全てAAAタイトルで、1つは“Shadow of the Tomb Raider”、2つ目はCrystal Dynamicsと共に進めている“アベンジャーズ”プロジェクト、3つ目のプロジェクトは未発表ながら、現在開発の初期段階にあるとのこと。このほか、実験的なインキュベーションプロジェクトが存在し、新しい試みを進めている。
  • 開発者のほとんどが“Shadow of the Tomb Raider”に参加している。
  • Eidos Montréalの“アベンジャーズ”チームは約50人規模で、開発はCrystal Dynamicsがリードしている。
  • (ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとも噂される)3番目のプロジェクトに関する詳細は不明ながら、先日報じられた通り、この新作は“Deus Ex”ではなく、David Anfossi氏はDeus Exの新作を手掛ける時期が来れば、妥協のない新作を作り上げると強調している。
情報元:VentureBeat

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.