「Vampire: The Masquerade – Bloodlines」の続編開発は明確な選択肢の1つ、Paradoxがシリーズの新たな可能性に言及

2018年5月22日 17:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Vampire: The Masquerade」

“Paradox Interactive”による“White Wolf Publishing”のIPと関連アセット獲得以降、続編開発に関するObsidianの前向きな見解をはじめ、ParadoxとWhite Wolfによる“Vampire Bloodlines”の商標出願など、シリーズ新作に関する動きがたびたび話題となっているTroikaの傑作CRPG「Vampire: The Masquerade – Bloodlines」ですが、先週末にストックホルムで開催されたPDXCON 2018にて、ParadoxのCEO Fred Wester氏がPCGamesNのインタビューに応じ、“Bloodlines”の続編が今後の選択肢の1つとして明確に存在していると語り話題となっています。

“White Wolf”ブランドを用いた幾つかの実験的な取り組みを進めていると語ったFred Wester氏は、同ブランドのフランチャイズを一から構築するには7~10年近い期間を考慮する必要があると前置きした上で、次の10年を見据えたVampire IPに基づく“Bloodlines 2”、もしくは何らかのVampire RPGは明確な選択肢の1つだと説明。ただし、続編の開発にはゲームに適切な正しいチームを得る必要があると強調しています。

昨年5月にも“Bloodlines”の続編について、前向きな姿勢を見せていたFred Wester氏ですが、Paradoxが現在どんなビジョンを思い描いているのか、その他の関連プロジェクトを含む動向に改めて期待が掛かるところです。

余談ながら、現在White WolfとFocus Home Interactiveの提携に基づき、Cyanideが“Werewolf: The Apocalypse”のビデオゲーム化を進めており、先だってCyanideがフランスのBigbenに買収されたものの、Werewolfの計画については当初の予定通りFocus Home InteractiveとCyanide間で変更無く進行することが報じられていました。

また、“Bloodlines 2”の開発を手掛ける最有力候補としてしばしば名前が挙がっていたObsidianのLeonard Boyarsky氏とTim Cain氏コンビ(2人は初代Bloodlinesを生んだTroikaの創設者で、特にLeonard Boyarsky氏はディレクター兼デザイナー、ライターとして初代の開発を率いた)は、Take-Twoの新たなパブリッシングレーベル“Private Division”のもとでObsidianの新IP開発を率いることが決定していました。

情報元:PCGamesN

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその130
「2コマ:想像通りの美食家」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.