100年後の火星が舞台となるオープンワールドサバイバル「Memories of Mars」のSteam Early Accessローンチが6月5日に決定

2018年5月30日 15:58 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Memories of Mars」

先日、プレイアブルキャラクターとなるクローンを太陽フレアで殲滅するシーズン要素の導入が報じられた火星のオープンワールドサバイバルサンドボックス「Memories of Mars」ですが、本日Limbic Entertainmentと505 Gamesが本作のSteam Early Access版発売日をアナウンスし、2018年6月5日のローンチを予定していることが明らかになりました。(価格は29.99ドル/23.99英ポンド/29.99ユーロ)

Tropico 6やMight and Magic X Legacy、Might & Magic Heroes VIIで知られるドイツの“Limbic Entertainment”が開発を手掛ける“Memories of Mars”は、テラフォーミングと植民地化が頓挫した100年後の火星を舞台に、数週間おきに地表を襲う致死的な太陽フレアによって寿命が著しく制限されるクローンを主人公とするPC向けの作品で、柔軟な建築や戦闘、サバイバル要素を特色としています。

また、Steam Early Access版の発売日決定に併せて、再びNick Cave and the Bad Seeds初期の名曲“Tupelo”にのせて広大な火星の大地とサバイバルのハイライトを紹介する早期アクセスローンチトレーラーが登場しています。

“Memories of Mars”のSteam Early Accessローンチトレーラー

Steam Early Access入りを報告したLimbicによると、Steam Early Access版は現行のクローズドベータよりも多くのスポーンポイントが追加されるほか、運用中にプライベート/専用サーバの実装、バックストーリーやPvE要素の拡張、FLOPイベントの追加、プレイ中に獲得した知識を継承するシーズンシステムの継続といった取り組みを進めるとのこと。

情報元及びイメージ:All Games Delta, VideoGamer, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.