「Bungie」が中国のNetEaseと提携、マルチフランチャイズスタジオを目指す110億円規模の資金を獲得

2018年6月2日 9:11 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Bungie」

現在、“Destiny 2”の2年目に向けた様々な取り組みを進めている「Bungie」が、本日公式サイトを更新し、中国でWorld of WarcraftやHearthstone、OverwatchといったActivision Blizzardタイトルを扱う“NetEase”との提携を発表。複数のフランチャイズとゲーム世界を維持するスタジオの長期目標を実現すべく、Destinyとは異なる新しいゲーム世界の構築を視野に入れた1億ドル(およそ110億円)規模の資金を得たことが明らかになりました。

この提携に伴い、Bungie内部に新しいゲーム世界と新しい経験の構築に取り組む専門の新チームが設立されるほか、既存の“Destiny”については、今後もActivisionとの提携を維持する長期運用を継続すると強調しており、NetEaseとの提携が“Destiny”の計画に影響を与えないと説明しています。

情報元及びイメージ:Bungie.net, Polygon, GamesIndustry

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.