噂:Martin O’Donnell氏が「Halo」シリーズに復帰か、Twitterで興味深い面々との会合を報告

2018年6月28日 17:01 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Halo」

先日、Bungieによる“The Music of Destiny, Volume I Collector’s Edition Vinyl Box Set”の発表を以て、長年お蔵入りとなっていた傑作“Music of the Spheres”の公式音源化が実現したコンポーザーMartin O’Donnell氏ですが、発売直前に延期となった氏の新作“Golem: The Power of Your Dreams”の続報が待たれるなか、今月25日にMartin O’Donnell氏がある1枚の興味深い写真を公開。一部でMartin O’Donnell氏が「Halo」シリーズに復帰するのではないかと注目を集めています。

これは、Martin O’Donnell氏がお馴染みJoseph Staten氏(※ Halo: Combat EvolvedとHalo 2、Halo 3: ODSTのリードライター、そしてHaloシリーズのノベライズを多く著したMicrosoft Studiosのベテラン)とコルタナ/ハルゼイ博士役で知られる女優ジェン・テイラーの3人で撮影した写真を公開したもので、Martin O’Donnell氏はコーヒーを飲みながら2人と何かを語り合った会合が単なる“偶然”ではないと述べ、(マスターチーフ役の)スティーブ・ダウンズに会えず寂しいと発言。集まった3人が“Halo”関係者であることを強く示唆しています。

同様に3人の会合を報告したJoseph Staten氏は、2人が世界もしくは宇宙に浮かぶリング状の構造物で最も好きな人物だと語り、こちらも“Halo”の存在を示唆する発言を見せています。

今のところ、(偶然ではない)この集まりが何を意味するのか、その詳細は不明ですが、Joseph Staten氏が同席していることから一先ずMartin O’Donnell氏が抱えるPS VR専用タイトル“Golem: The Power of Your Dreams”絡みの会合でないことは明白であり、Highwire Gamesの新プロジェクトか、それとも2人が意味ありげに示唆する“Halo”絡みの何かが進められているのか、今後の動向に期待が掛かるところです。

情報元:PC Gamer

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその132
「3コマ:えっ」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.