“ウィッチャー3 ワイルドハント”のその後を描くコミック「ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS」の邦訳版が遂に発売

2018年7月23日 10:17 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Witcher 3: Wild Hunt」

昨年11月の“ウィッチャー 1: HOUSE OF GLASS”に続いて、今年2月に“ウィッチャー 2: FOX CHILDREN”の邦訳が発売されたCD Projekt RedとDark Horseの“ウィッチャー”コミックシリーズですが、7月13日に待望のシリーズ第3弾「ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS」が国内で発売され、G-NOVELSより本書の見本誌を頂きました。

“ウィッチャー3 ワイルドハント”のエンディング後に起こった事件を扱う“ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS”は、ストリガと呼ばれる非常に強力なモンスターの退治を依頼されたシリとゲラルトの旅、そして危険を顧みないシリに気を揉むイェネファーの物語を描く作品で、濃厚なサブクエスト風の怪異譚を描いた前二作とは打って変わって、ゲーム本編のメインクエストを思わせるようなストーリーを通じて、もう一度あの3人に会える“ウィッチャー3 ワイルドハント”ファン必携の一冊となっています。

今回の物語は、ストリガの退治依頼を巡るメインクエストを柱に、多種多様なサブクエストが巧妙に絡み合うような、まさに“ウィッチャー”ゲームの白眉である重層的なストーリー構造を特色としていますが、華やかなファンサービス(前巻の萌えトロール、ロックストライドも!)に彩られた軽妙な語り口や3人の微笑ましいやりとりも大きな見どころで、前二作に比べてアイロニカルなユーモアを全体的に抑えたストレートな面白さを前面に打ち出している点も大きな変化と言えるでしょう。

一方で、コアなファンに向けたハードな大ネタもしっかりと用意されています。ストリガの名前でピンと来た旧作のファンならご存じの通り、今回の物語は初代“The Witcher”の冒頭に描かれたアダの事件を深く掘り下げており、あのオープニングでストリガに追われた小太りの男オストリットが一体どんな人物だったのか、なぜアダが呪いを受けたのか、フォルテスト王の屑っぷりを含め、これまで深く語られなかった事件の背景が子細に描かれる幾つかの下りは、旧作のファンに代えがたい興奮をもたらしてくれます。

「The Witcher 3: Wild Hunt」
邦訳のサンプルイメージ、画像は原寸大のイメージにリンクしてあります

また、前二作が怪物と人間の決して埋まらない隔たり、そしてその狭間に介在するゲラルトのジレンマとウィッチャーの信条、それぞれの領域が不意に重なる逢魔を大きなモチーフとして扱った一方で、今作はとあるキャラクターの視点を通じて、人から呪いが、怪物が生まれる、あるいは人が怪物を生むまさにその瞬間と境界、不可思議な因果を印象深く描いており、ゲーム本編や既刊の邦訳ノベライズでも味わえないその目撃は、今作で一区切りとなるThe Witcherのコミックシリーズにおける到達点の一つだと感じました。

現在、テレビドラマシリーズの製作が本格化している“The Witcher”シリーズですが、今後さらなる展開を心待ちにしている方は、一先ずシリーズの象徴的なエピソードとその後を濃厚な人間ドラマとして描く“ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS”をチェックしておいてはいかがでしょうか。

■ ウィッチャー 3: CURSE OF CROWSについて

累計販売本数3300万本突破の傑作RPG『ウィッチャー』のコミックシリーズ、待望の第3巻が邦訳化!

重厚なストーリーと徹底的につくりこまれた世界観、個性あふれる登場人物で、世界中のゲームファンを熱狂させた『ウィッチャー』シリーズ ―― そのコミカライズ第3弾は、ゲームリシーズ最大のヒット作『ウィッチャー3 ワイルドハント』後の世界を描いた、ファン待望の新ストーリー。
ウィッチャーの熱心なファンはもちろんのこと、すべてのRPGファン、ファンタジーファン必見の一冊!

ゲラルトとシリは、惨たらしい復讐の物語に巻き込まれる。
この冷酷な世界では、過去はどこまでも付きまとい、見かけは人を欺く。
ダークホースのデジタルコミックスシリーズ『The Witcher: Curse of Crows』全5話を収録。

「The Witcher 3: Wild Hunt」
イメージ:Amazon

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.