ど派手なレースから激しい銃撃戦まで、「Rage 2」の多彩なゲームプレイ要素を紹介する7分半の解説トレーラーがお披露目

2018年8月11日 1:46 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rage 2」

現在ダラスで開催中の“QuakeCon 2018”キーノートにて、Avalanche Studiosとidが開発を手掛ける期待作「Rage 2」のプレゼンテーションが実施され、レースやど派手なビークル戦、多種多様なアビリティや武器が確認できる戦闘、広大なオープンワールド環境を描いた7分半の解説トレーラーが登場しました。

また、トレーラーの公開に併せて、本作の新たな発売時期が2019年春に決定したことが判明しています。

RAGE 2 – QuakeConトレイラー分析

QuakeCon 2018 Keynote では、『RAGE 2』の様々な新情報が明らかになりました。この映像には私たちが待ち望んでいた全てが詰まっています。美しく広大なシームレス・オープンワールド。爆発。マシンでの戦闘。爆発。超強力な能力…そして爆発! さて、今回の記事では『RAGE 2』の世界についてさらに詳しく解説していくとともに、QuakeConの映像で初めて明らかになった強大で威圧感たっぷりの敵車両集団について語っていこうと思います。

『RAGE 2』で駆け抜ける道は、サイコスリラー映画『ヒッチャー』とはまた違った意味で危険な場所です――とはいえ、道端で不審なヒッチハイカーを見つけたとしても、関わらないのがおそらく賢明です。動画では、無差別攻撃や無作為な巡回行動といった、ウェイストランドにおける日常的な活動のほか、様々な巨大マシンが列をなして走る様が確認できます。

“走る要塞”ともいうべきこれらの車両は強固な防御を備えており、撃破するのは誰にとっても至難の業であるはずですが、我らの主人公「ウォーカー」にかかれば、ものの相手ではありません。彼の“万能殺戮マシン”こと「フェニックス」の力なら、トラップを巧みに回避し、迎撃を繰り広げながら、敵車列の猛撃を切り抜けることができるはずです。また、車両集団を撃破すれば、より大型で凶悪な車両用武装などの役立つ報酬がゲットでき、再びマシンで戦闘するときの助けとなることでしょう。

「Rage 2」

「グーン・スクワッド」と「イモータル・シュラウド」はどちらも車両集団を独自に配備しているうえ、非常に執念深いため、車列を1つ潰すと同じ経路上にさらに強力な車両集団が現れます。どちらの派閥の車列も独特の武装や防衛装備を積んでいますので、色々な攻略法を試してみましょう。デモ内に登場した車両集団はイモータル・シュラウドのもので、その証として各マシンには彼ら特有のハイテク装備が搭載されています。車列内の小型車両は触れたら危険な電気トラップを落としてくることがあり、また、より重装備の“中型”の車両はエネルギーシールドを積んでいて、指揮官車両を護衛する役割を担っています。もちろん、第一の防衛線の役目を果たす煩わしいバイクの存在なしに車両集団は語れません。イモータル・シュラウドのバイクは車体間に電気の罠を発生させることができ、ウォーカーの行く手を阻む、シンプルにして性悪な障害物をつくりだすのに特化したマシンとなっているのです。

「Rage 2」

無論、車両集団はウェイストランドでウォーカーを待ち受ける数々の脅威の1つに過ぎません。この無法な世界では、何だって起こり得ます。「オーソリティー」の圧政、イモータル・シュラウドが持つ最先端のテクノロジー、グーン・スクワッドの血に飢えた暴虐性、そしてウォーカーに襲い掛かるあらゆる脅威――数多の危険を生き延びるには、常に頭を働かせ行動する必要があるでしょう。

情報元及びイメージ:Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.