Update:続報が待たれる「グウェント」のストーリーキャンペーン“奪われし玉座”がスタンドアロンな新作として発売か、CD ProjektのCEO Adam Kiciński氏が予告

2018年8月30日 2:05 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp

UPDATE:8月30日2:05
新たに、CD Projekt Redの本間氏が“奪われし玉座”の単体作品化について言及し、CD Projektの業績報告における発表が事実だったことが明らかになりました。なお、“奪われし玉座:ウィッチャーテイルズ”の詳細については改めてアナウンスが行われるとのこと。

以下、本間氏の発言を追加した本文となります。

「GWENT: The Witcher Card Game」

昨年11月下旬にリリースの延期がアナウンスされ、“Homecoming”と併せて続報が待たれる「グウェント ウィッチャーカードゲーム」のストーリーキャンペーン“Thronebreaker”(奪われし玉座)ですが、新たにCD Projektが2018年上半期の業績に関するカンファレンスを実施し、“奪われし玉座”がグウェントのストーリーキャンペーンではなく、「Thronebreaker – The Witcher Tales」と題したスタンドアロンなシングルプレイヤーRPGとして発売されるのではないかと注目を集めています。

“奪われし玉座”の単体作品化を報告したCD Projekt Redの本間氏

※ 以下、更新前の本文となります。

これは、カンファレンスに登壇したCD ProjektのCEO兼社長Adam Kiciński氏が報告したもので、シングルプレイヤーキャンペーンのボリュームが30時間を超える規模に達したことから、独立した新作としての発売を決めたとのこと。

また、“Thronebreaker”のプレイにグウェントのインストールが必要ないことや、ゲーム内の展開が(ゲーム内)グウェントの結果によって左右されること、グウェントのアカウントと“Thronebreaker”のアカウントが紐付け可能ながら、“Thronebreaker”のプレイにグウェントのアカウントが必要無いことなどが伝えられており、来る大規模アップデート“Homecoming”と併せて、正式な続報に大きな期待が掛かる状況となっています。

「GWENT: The Witcher Card Game」
今回お披露目された“奪われし玉座”の新しいロゴ、“The Witcher Tales”の文言が確認できる
2018年上半期業績報告のカンファレンス映像、グウェントに関する報告は37分10秒あたりから

余談ながら、“奪われし玉座”は、当初グウェントの一人用ストーリーモードとしてアナウンスされたコンテンツで、ライリアとリヴィアの国を統べる女王ミーヴを主人公に、ニルフガードの侵略を受けたミーヴの破壊と復讐の旅を巡る壮大な冒険譚を描くことが報じられていました。

参考:以前に公開された“奪われし玉座”のトレーラー
情報元及びイメージ:Game Informer, reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその133
「2コマ:やすい」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.