さらなるアップデートの配信を含む「Fallout 76」の新たな改善スケジュールがアナウンス、年明けには期間限定のイベントも

2018年12月5日 9:37 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Fallout 76」

昨晩、収納箱の容量増や多数の修正を含む待望の1.0.2.0アップデートが配信された「Fallout 76」ですが、新たにBethesda Game Studiosが国内外の公式サイトを更新し、12月4日分の“FALLOUT 76: INSIDE THE VAULT”を公開。PC向けの追加機能やブルドーザーを含むC.A.M.P.の仕様変更といった改善を導入する12月11日のアップデートに続いて、12月18日にも新たなパッチの配信を予定していることが明らかになりました。

また、2019年の初めには1週間に渡って続くゲーム内イベントも行われる予定で、12月18日分パッチの概要と併せて続報が待たれる状況となっています。

FALLOUT 76: INSIDE THE VAULT

2018年も終わりが近づいてきました。ここで現在予定されているパッチについての詳細情報をお届けしたいと思います。また2019年の始めには、1週間に渡って実施される様々なゲーム内イベントもリリース予定です。このイベントはその都度内容が変化し、ちょっとしたバフや面白いひねりが加わった、普段とは違うゲームプレイがお楽しみいただけます。

今後のパッチ

「Inside the Vault」でお届けしていく情報はパッチに限定されませんが、今回は引き続き年内のスケジュールについて現段階での予定を詳しくご案内したいと思います。

12月4日

本日リリース予定の最新パッチでは、プレイヤーの収納箱の最大容量が50%増加するほか、多数の不具合修正・バランス調整・その他の改善が行われます。まだご覧になっていない方は、メンテナンス後のゲーム再開前にぜひパッチノートをご確認ください。今回のパッチ容量は11月19日のものよりも大幅に少なく、全プラットフォームとも約3GBとなります。

12月11日

PC版向けの新たな設定項目の追加、C.A.M.P.の改良、レベル50到達後のS.P.E.C.I.A.L.ポイント再振り分け機能など、先週の記事でご紹介した内容をリリース予定です。このアップデートには私たちが「ブルドーザー」と呼んでいるC.A.M.P.用の新機能も含まれます。かつてアパラチアで活躍していた本物のブルドーザーは今や役立たずのガラクタと化しましたが、この機能で岩や小さな木々や瓦礫などを取り除けば、オブジェクトの建造が格段にはかどるはずです。この機能は障害物の上や周囲に建造を行おうとすると、自動で適用されます。このパッチによって、皆さんのC.A.M.P.がより快適なものになれば幸いです。

12月18日

私たちは12月中旬にさらにもう1回のパッチリリースを目指しています。このパッチでは安定性のさらなる改善と、コミュニティからご意見をいただいているその他の懸念事項に対応予定です。こちらについては、12月18日に近づいた段階で、また改めて進捗をお知らせいたします。

引き続きゲームに関する皆さんからのフィードバックをお待ちしています。繰り返しになってしまいますが、『Fallout 76』のゲーム体験を最高のものとするには今後も皆さんのご意見・ご提案が欠かせません。

それではまたウェイストランドでお会いしましょう!

情報元及びイメージ:Bethesda.net

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.