Human Head Studiosが手掛けるF2PローグライクRPG「Survived By」のSteam Early Access版がリリース

2018年12月8日 1:28 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Survived By」

昨年8月にHuman Head Studiosが開発を手掛けるローグライク系のF2Pタイトルとしてアナウンスされた「Survived By」ですが、昨日放送された“The Game Awards 2018”にて本作の新トレーラーが公開され、Steam Early Access版のローンチを果たしたことが明らかになりました。

“Survived By”は、パーマデスでプレイヤーが代替わりするローグライク要素と大規模オンラインマルチプレイヤー、弾幕シューティング系の激しいアクション、クラシックな2Dピクセルアートを特色とする新作で、Digital Extremesが作品の概要を分かりやすくまとめた国内向けのプレスリリースを発行しています。

オンライン弾幕ゲーム「Survived by」の熱狂、Steam アーリーアクセス本日からスタート

Human Head と Digital Extremes が贈る Free-To-Play パーマデスローグライク RPG が、新コンテンツとリワードを追加してオープン β を開始

老舗独立系デベロッパーの Human Head Studio とカナダのパブリッシャーDigital Extremes は、オンライン弾幕ローグライクゲーム Survived By™のオープン β 版を 12 月 6 日(米国時間)、Steamアーリーアクセスにてリリースした。完全無料の Survived By はプレイヤー(アンセスター)同士が協力しあい、たくさんのドロップ品を集めるハイペースな作品。プレイヤーは活気溢れるPvE ワールドの中で押し寄せるキメラを撃滅し、レベルを上げ、何十人ものプレイヤーとチームを組んで、キュートながら恐るべきボス敵を打ち破り、自分だけの武器装備をクラフトしていく。もしプレイヤーが死んでも、それは始まりに過ぎない。新たなアンセスターとなってSurvived By のオープン β に参加しよう!

Steam のアーリーアクセスプログラムに参加したことで、Human Head は新たな大規模開発フェーズに入る。開発は大規模な Steam コミュニティーからのフィードバックとイテレーション、そして改善を通してこれからも続いていく。

Survived By の主な特徴:

  • とっつきやすく歯ごたえがある: ハートランドの地での戦いには簡単に参戦でき、それでいてやりがいがある。ログインボーナス、多彩なダンジョンへの潜入、そしてキャラクターの色やスキン、アタッチメントなどのきめ細かなカスタマイズも可能。Survivedby は長時間プレイすれば歯ごたえとやりがいを得られ、短時間のプレイでも楽しく遊べるゲームデザインとなっている。
  • パーマデスは新たな始まり: 他の弾幕ローグライクとは異なり、プレイヤーは体力を回復して長時間生き延びることができるため、攻撃全てをかわす必要はない。ただしプレイヤーは死ぬたびに「ほぼ全て」を失う。このゲーム独自のアンセストラル・レガシー・システムにより、次に遊ぶ時には死んだキャラクターのレガシー(ゲーム内のDNA)の一部を受け継ぐ新たな子孫が後を継いでいく。
  • コミュニティーを交えたゲーム開発: クローズド β 以来、Survived By はコミュニティーの意見や要望を念頭に置いて頻繁なアップデートを重ね、ストーリークエスト、ダンジョン、期間限定イベントといった新コンテンツや新機能を追加してきた。Steamアーリーアクセスに移行してからも、引き続きプレイヤーと二人三脚でハートランドを育てていく予定だ。
  • 武器をクラフトして大群をなぎ倒す: プレイヤーは強力な飛び道具をクラフトし、それを使って旅の途中に立ちはだかる獣の群れに立ち向かう。魔法と鋼、そして特殊能力を組み合わせることで、キャラクターのクラスに合った戦術を駆使するための強力な武器をクラフトできる。武器のアップグレードは複数の敵を貫通する単発弾から、波打つ弾を複数撃ち出す近距離弾までさまざま。他にも種類はたくさん!
  • ピクセルで描かれた美麗な世界: フレンドや他のプレイヤーと協力して、美しくレンダリングされた巨大なピクセルアートの世界を探索しよう。旅の舞台はオーソドックスな洋風ファンタジー世界のコンセプトにひねりを加えた幻想的で広大な世界。大樹の上に広がる世界では、「まさか」というようなシチュエーション、かわいらしいミニチュアキャラ、そしてウィットに富んだセリフがプレイヤーを待っている。
  • 公平な Fair-To-Play モデル: Survived By は課金する人もしない人もみんなが楽しめる公平な Free-To-Play ゲームとして設計されている。課金しないと解放されない要素は一切なく、プレイヤーはアタッチメントや染料、スキンなどのアイテムを、Bloodstone やElectrum を使って他のプレイヤーとトレードすることが奨励されている。

β テストで Survived By をプレイしたアンセスターには、開発初期にサポートとフィードバックをしてくれたことへの感謝としてスペシャルギフトが進呈される。すでに Survived By をプレイしていた人へのギフト内容は、1)全プレイヤーへの無料スターターパック、2) 課金プレイヤーへはローンチ時のボーナスとして Next of Kin サポーターパックとなっている。アンセスターのみなさん、ありがとう! Survived By は Steam 上の store.steampowered.com/app/606140/Survived_By/ からアーリーアクセスに参加できる。お友達も一緒にどうぞ!

Survived By コミュニティーに参加しませんか? まずは forums に参加して話すことから始めよう。ぜひ公式ウェブサイト www.survivedby.com をチェックしよう。最新情報を見逃さないよう、Survived By の Twitch, YouTube, Twitter, Facebookアカウントのフォローもどうぞお忘れなく。

【HUMAN HEAD STUDIOS について】

ウィスコンシン州マディソンを本拠地とする Human Head Studios は、商業ビデオゲームの設計開発に 20 年以上の経験を持つインディーズ系のスタジオである。20 以上のプロジェクトに取り組んだことのあるこのスタジオは、批評家から高評価を得て賞を獲得したタイトルであるRune や Prey で最もよく知られている。また Human Head は Bioshock Infinite、World ofTanks、Batman: Arkham Origins といったメガヒット作の開発にも協力している。このスタジオでは現在、PC と次世代コンソール用の複数のプロジェクトが鋭意進行中である。さらなる情報を得るには www.humanhead.com へ。

【Digital Extremes について】

James Schmalz が 1993 年に設立した Digital Extremes は世界でトップクラスの独立系ビデオゲーム開発スタジオの一つに位置づけられています。Digital Extremes は『Unreal』や『UnrealTournament』 (そしてその全バージョン) を含む、Epic Games の数百万本を売り上げる『Unreal®』フランチャイズ の共同製作から始まり、続いて『Dark Sector®』、PlayStation®3 向け『BioShock®』、『 BioShock 2』のマルチプレイヤー・キャンペーン、『The Darkness® II』の開発を行いました。このスタジオは基本料金無料のアクションゲーム『Warframe®』で同社にとって批評面・商業面で最高となる成功に達し、PC、PS4™、Xbox One では 3800 万人以上の登録ユーザーによるグローバルなコミュニティを誇っています。Extremes に関する詳細については、www.digitalextremes.com にアクセスしてください。『Warframe』に登録するには、www.warframe.com/ja にアクセスしてください。

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.