22年の開発を経て完成した大作CRPG「Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar」のバージョン2がリリース、大量の調整や新コンテンツを導入

2018年12月26日 14:18 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar」

1995年の発表から22年の時を経て、昨年8月上旬に待望のローンチを果たしたCleve Blakemore氏のオールドスクールな大作CRPG「Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar」ですが、先日予てから開発が進められていた本作のv2が遂に完成し、大量の改善と拡張、追加コンテンツを導入するバージョン2がプレイ可能となりました。

製品版のアップデートと平行して1年以上に渡って開発が進められていた“Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar”のV2は、全クラス固有の特別なクラフトや多数の新エリア、追加のNPC、新たなストーリーライン、ゲームプレイの広範囲な拡張、カットシーンの刷新、アトリビュート別に利用可能なアイテムソートを特色としており、近くA4出力を想定した包括的な無料のPDFマニュアルが配布されるとのこと。

また、ウィッシュリストのキャンペーンに伴い価格改定(19.95ドル/2,050円に値下げ)が行われたほか、本作が1,025円で購入できる50%オフセールがスタートしていますので、特大ボリュームの骨太CRPGが気になる方はこの機会に購入しておいてはいかがでしょうか。

「Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar」
“Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar”V2のスクリーンショット
参考:“Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar”(V1)の解説映像

1995年に正式アナウンスが行われ、初代Baldur’s GateやHalf-Life、Unrealがリリースされた98年に最初のベータが配信された“Grimoire : Heralds of the Winged Exemplar”は、Cleve Blakemore氏が長年に渡って開発を続けてきたオールドタイプなターンベースのファンタジーRPGで、“WizardryVII: Crusaders of the Dark Savant”や“Might and Magic V: Darkside of Xeen”を上回る、600時間規模のプレイスルーや過剰なコンテンツの規模を特色としています。

情報元及びイメージ:Steam, Steam

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.