「シヴィライゼーション VI 嵐の訪れ」

画面分割アクション「Screencheat: Unplugged」の日本語Nintendo Switch版が発売

2019年2月7日 11:22 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Screencheat: Unplugged」

オーストラリアのインディーデベロッパSamurai Punkが手掛けるデビュー作として、2014年にPC向けのローンチを果たした対戦型アクション“Screencheat”ですが、新たに日本語Nintendo Switch版「Screencheat: Unplugged」の販売が開始され、国内の窓口を担当した架け橋ゲームズが作品の概要を分かりやすくまとめたプレスリリースを発行しました。

Nintendo Switch版“Screencheat: Unplugged”は、プレイヤー全員が透明人間というユニークな設定の画面分割アクションで、ラッパ銃や馬のおもちゃ、ヨーヨーロケット、ろうそく台といった多彩な武器やカスタマイズ可能なルール、ボット含め最大8人のローカルプレイを特色としています。

敵はみんな透明人間!?相手の画面をのぞき見ながら戦う対戦型アクションゲーム『Screencheat: Unplugged』Nintendo Switch™版リリースのお知らせ

本日、Samurai Punk は、どのプレイヤーも全員が”透明人間”というユニークすぎる対戦型アクションゲーム『Screencheat: Unplugged』を Nintendo Switch™にてリリースいたします。画面分割で対戦する特徴を最大限に活かしたシステムと、用意されたカスタマイズ可能な多彩なルールで盛り上がること間違いなしのタイトルです!

『Screencheat: Unplugged』とは

スクリーンチート:持っている武器や場所などを知るために、
対戦相手が見ている画面を違法ツールなどを使用してのぞき見る行為。

「Screencheat: Unplugged」

『Screencheat: Unplugged』はそんなスクリーンチートが普通の世界!戦っているプレイヤーの画面は、自分も含めて全員に丸見えだ。

しかし、その画面に誰かの姿が映ることはない。なぜなら、全員が透明人間なのだから…。

対戦相手の画面を見ながら位置をつかんだら、持っている武器で攻撃しよう!4色に分かれているステージで相手の画面を見つつ、自分は撃たれないように動き回りながら狙いを定めよう。

この常識はずれの戦いに勝利するのは誰だ!?

「Screencheat: Unplugged」
「Screencheat: Unplugged」

ゲームの特徴

  • ユニークな武器やゲームモード:ラッパ銃、馬のおもちゃ、ヨーヨーロケット、ろうそく台…ちょっと笑えちゃう武器を使いこなして相手に勝利しよう!ゲームモードもふつうのデスマッチに加えて、人形を持っている人にポイントが入る「ピニャータを捕まえろ」や、制限時間ごとに1発しか撃てない「ワンショット」など、他にはないユニークなルールが盛りだくさん!
  • カスタマイズできるゲームギミック:ゲームを面白くするギミック(仕掛け)を入れて、よりエキサイティングな対戦にしよう!「空中ジャンプ」「薄っぺらいキャラ」「クマちゃん大好き」「デジャヴ」など、プレイしてみなきゃ何が起こるかわからないルールも…。
  • ボットを入れて最大8人のローカル対戦!:最大対戦人数はプレイヤー4人+ボット4人の計8人。そう、1つの画面に8人分の画面が表示されるのだ!すべてのプレイヤーを同時にスクリーンチートして友達や家族に勝利しよう!
「Screencheat: Unplugged」
「Screencheat: Unplugged」
「Screencheat: Unplugged」

『Screencheat: Unplugged』詳細

【デベロッパー / パブリッシャー】Samurai Punk について

2013年、当時大学生だった Nicholas McDonnell と Winston Tang が「Global Game Jam 2013」を通じてチームを作ったことが Samurai Punk の始まりです。その後もゲームジャムを通じて経験を積み上げ、2014年に正式にスタジオを設立。同年の「GlobalGame Jam 2014」から、『Screencheat』が開発されました。愛と配慮をもってゲームを作り上げることをポリシーとしています。

公式サイト: https://samuraipunk.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『GRIS』『The Messenger』『Tangledeep』『DeadCells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など100以上のタイトルをサポートしてきました。

公式サイト: www.kakehashigames.com
Twitter: @kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.