ケニアやインド、ペルーのオペレーターを含む「Rainbow Six Siege」Year4のロードマップがアナウンス、多数の新要素を紹介する開発映像も

2019年2月18日 13:35 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Rainbow Six Siege」

先ほど、Year4シーズン1“Operation Burnt Horizon”のオペレーターに関するディテールとプレイ映像をご紹介した「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」(レインボーシックス シージ)ですが、Y4S1の情報解禁に伴い、4年目のロードマップと多彩な新要素を紹介する開発映像がお披露目され、ペルーやメキシコ、ケニア、インド出身のオペレーターや既存マップの再構築を含む新コンテンツのラインアップが明らかになりました。

新たに公開されたYear4の開発映像

■ Year4のロードマップ

  • シーズン1:Operation Burnt Horizon
    • SASR出身の新オペレーター“Gridlock”と“Mozzie”
    • 新マップ“Outback”
    • 2月18日にテストサーバ入り
  • シーズン2
    • デンマークとアメリカ(シークレットサービス)出身の新オペレーター
    • “カフェ・ドストエフスキー”マップの刷新
  • シーズン3
    • ペルーとメキシコ出身のオペレーター
    • “運河”マップの刷新
  • シーズン4
    • ケニアとインド出身のオペレーター
    • “テーマパーク”マップの刷新
  • 1シーズン毎に、ハロウィンのMad HouseやRoad to S.I.に近いイベントを1つ実施。

■ その他、Year 4の取り組みについて

  • LionとGlaz、Mute、Dokkaebi、Capitaoを対象とする一部オペレーターのバランス調整と刷新。Lionは情報ベースのオペレーターとして、Year4の前半に刷新される予定。
  • 展開型シールドとブリーチングチャージの利便性を向上させる調整が導入される。
  • 味方への誤射にダメージを反射させるチームキル対策。
  • マッププールやゲームモードに制限を加える新規プレイヤー向け(レベル50まで)のプレイリスト。
  • ランクモードのベータ終了に伴う新要素。新ランクやランク用のハブ、リワードの導入に加え、“Pick & Ban”システムが採用される。
  • カジュアルにもタイマーの変更(4分から3分30秒)を含む幾つかの変更が導入される。
情報元及びイメージ:reddit, PCGamesN

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.