国内Nintendo Switch版「完全爆弾解除マニュアル: Keep Talking and Nobody Explodes」が発売、Steam版の日本語対応も

2019年2月28日 17:52 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Keep Talking and Nobody Explodes」

2015年10月にPC向けのローンチを果たし、高い評価を獲得したSteel Crate GamesのオフラインCo-opパズル“Keep Talking and Nobody Explodes”ですが、本日国内のニンテンドーeショップにてNintendo Switch版「完全爆弾解除マニュアル: Keep Talking and Nobody Explodes」の販売が開始され、日本語版の窓口を担当した架け橋ゲームズが注目作の概要を紹介するプレスリリースを発行しました。(PC Steam版の日本語対応アップデートもまもなく)

処理担当者と分析担当者に分かれ爆弾を解除する独創的なゲームプレイを収録したNintendo Switch版のゲームプレイ映像と商品概要をまとめた最新のリリース情報は以下からご確認ください。

鍵となるのはお互いの会話!爆弾解除にチャレンジする独特なシミュレーターゲーム『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』Nintendo Switch™ / PC(Steam)版リリースのお知らせ

本日、Steel Crate Games は、2人以上で会話をしながら爆弾解除にチャレンジする独特なシミュレーターゲーム『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』を Nintendo Switch™にてリリースいたします。また、既に海外でリリースされている PC(Steam)版に関しましても、日本語対応アップデートが行われます。

ゲーム内の爆弾を解除する「処理担当者」と、その解除方法が記されたマニュアルを見る「分析担当者」に分かれて、いろいろな仕掛けが待ち受ける爆弾に挑戦しましょう!解除のキーとなるのは「Keep Talking(話し続けること)」です!

『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』とは

2人以上で会話をしながら爆弾解除にチャレンジする独特なシミュレーターゲーム!

「Keep Talking and Nobody Explodes」
「Keep Talking and Nobody Explodes」

あなたたちは爆弾を解除する「処理担当者」、もしくは、その解除を指示する「分析担当者」のどちらかになって爆弾処理の任務を遂行せねばならない。

「処理担当者」は現場にある爆弾を取り扱う。
爆弾には<モジュール>と呼ばれる装置がいくつか取り付けられている。分析担当者にモジュールの特徴を伝え、その正しい解除方法を見つけ出そう!

「分析担当者」は爆弾の解除方法を現場に伝える。
まず、手元にある<爆弾解除マニュアル>を見ながら、処理担当者の情報から爆弾に仕掛けられたモジュールを特定する。そして、その解除方法を正確に現場へと伝えるのだ!

任務で最も重要なことは情報のやり取り。
そう、「Keep Talking(話し続けること)」だ。

「Keep Talking and Nobody Explodes」

ゲームの特徴

  • 「処理担当者」と「分析担当者」:このゲームは2つの役に分かれて爆弾解除を行う。処理担当者は、ゲーム画面内の爆弾を見て操作できるが、その解除方法が書かれたマニュアルを読むことはできない。分析担当者は、ゲーム内の爆弾を見ることはできないが、すべての爆弾解除の方法が書かれたマニュアルを読める。お互いを繋ぐ「会話」こそが、爆弾解除の唯一の手段なのだ!
  • 2つのゲームモード:ノーマルモードでは、ステージごとに用意された爆弾を処理する。ステージが進むごとに徐々に難易度があがっていくぞ。フリーモードでは、解除する爆弾をカスタマイズすることができる。モジュールの数を増やしたり、制限時間を減らしたりして、自分たちの好きな任務を作ってチャレンジしてみよう!

※爆弾解除マニュアル日本語版 ダウンロードページ

「Keep Talking and Nobody Explodes」
「Keep Talking and Nobody Explodes」
「Keep Talking and Nobody Explodes」

【デベロッパー / パブリッシャー】Steel Crate Games について

『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』のプロトタイプは、2014年の”Global Game Jam”にて、カナダを拠点にする3人の開発者の手から生まれました。その時の反応が予想以上に大きかったため、彼らは Steel Crate Games を立ち上げ、フルタイム勤務で本格的な制作に取り掛かります。そして、様々なテストプレイを経て2015年7月に正式版をリリース。それ以降、チームの規模は拡大していき、今ではより多くのプレイヤーに楽しんでもらえるように、マルチプラットフォーム展開に注力しています。

公式サイト: https://keeptalkinggame.com/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設立以来、日本市場に送り出したゲームは『GRIS』『The Messenger』『Tangledeep』『DeadCells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など100以上のタイトルをサポートしてきました。

公式ホームページ:www.kakehashigames.com
Twitter アカウント:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.