ウィングマンとピースキーパーのNerf調整を含む「Apex Legends」のアップデート情報が解禁、今後のバランス調整に関する話題も

2019年3月7日 11:51 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Apex Legends」

先日、ローンチから僅か1ヶ月弱で累計5,000万プレイヤー突破が報じられたRespawnのF2Pバトルロイヤル「Apex Legends」ですが、新たにRespawn Entertainmentが公式Redditを更新し、メタの変更を伴う最初のバランス調整を含むアップデートの配信を予告。全プラットフォーム向けのパッチ配信を本日まもなく実施することが明らかになりました。(配信時刻は今のところ不明)

また、シーズン1中の導入を予定している今後の調整について、幾つかの興味深い変更点が報じられています。

なお、Respawn Entertainmentは今後のメタ変更を伴うバランス調整とアップデートについて、予めスタジオのアプローチと見解をまとめており、プレイヤーがゲームを習熟するために費やす時間に与える影響を最小化することを大きな目標として掲げ、より少ない頻度で十分にテストされた大きな変更を導入することがゴールだと説明。キャラクターと武器の最新情報を理解しておくために、数日おきに細かな調整をまとめたパッチノートを読む必要はないと伝えています。(※ ただし実装初日にメタを支配するような装備や変更は例外となり、可能な限り素早く調整される)

■ 武器に関する変更

  • 全体的に、現行の武器は様々なプレイスタイルを提供するための確かな選択肢として機能している。一方で、スカルピアサーライフリングを適用したウィングマンが想定よりも強いことが判明しているが、ウィングマンについては高いプレイヤースキルを要求する武器となることを目指している。
  • ショットガンボルトを適用したピースキーパーの連射率に調整を加え、敵を打ち逃した際により脆弱な状況が生じる。
  • エネルギー系の武器については、弾薬不足と入手性の低さが困難さに関係していたことから、武器と弾薬の入手性が改善される。
  • ウィングマン
    • 連射率(1秒間あたりの射撃数)を3.1から2.6に減少。
    • スカルピアサーライフリング適用時のヘッドショットダメージ倍率を2.5倍から2.25倍に低下。
    • 腰撃ち時の散弾率を増加、腰撃ち時の散弾率減衰を縮小(つまり集弾率がより上昇しない)。
  • ピースキーパー
    • ショットガンボルト適用時の再装填時間軽減率を縮小。
    • レベル1の軽減率を10%から7.5%に低下。
    • レベル2は20%から13%。
    • レベル3は25%から16%。
  • ウィングマンとピースキーパーの入手性を全ゾーンで縮小。
  • エネルギー武器と弾薬の入手性を全ゾーンで増加。
  • 現段階でP2020とモザンピーク向けの強化は実装されない。これについては、コミュニティの愉快なミームがRespawnのお気に入りで、調整を躊躇っているとのこと。ただし、これらの弱さは武器全体のパワー曲線に基づく意図した設計で、幾つかの武器が弱く手に入れやすい一方で、一部はよりレアでより強力な存在となるようデザインされている。また、これらの武器を有効に活用する一部のプレイヤーの存在を含め、プレイヤーデータやフィードバック、挑戦を注視し続けている。

■ その他

  • マッチ中の切断を生じさせていた幾つかのスクリプトエラーを修正。

■ 今後適用されるレジェンドのバランスとヒットボックスの調整について

  • Respawnは、キャラクターがそれぞれ異なるリグサイズやヒットボックス、アビリティの組み合わせを持ちつつ、全体的にパワーレベルや勝率、ピック率が均等になることを目標としている。
  • 現在、小型・中型リグのキャラクターに関するバランスは良好な結果を得ているが、大型のキャラクターについては力不足で、そのサイズが要因となっている。これに伴い、大型キャラクターのヒットボックスを調整する計画が進められている。
  • バランス調整の方向性については、他のキャラクターに対するNerfを考慮する前に、大型キャラクターの有用性を強化することが健全だと考えている。

■ シーズン1中の適用を予定している主なバランス調整

  • コースティックとパスファインダー、ジブラルタルのヒットボックスサイズの縮小と最適化。この調整はゲームに大きな影響を与えるため、バグがないことを十分に確認するため、実装を急ぐことはない。また、実装後に調整が不十分だと判断した場合には、シーズン1中に追加の調整を検討する。
  • 小規模なバランス調整
    • コースティック:“NOXガストラップ”のクールダウンを30秒から25秒に軽減。効果半径と接近時の検知半径を約10%増加。ガスがダメージを与える際に生じる1秒の遅延を削除。
    • パスファインダー:“内部情報”のビーコン数を10から12に増加。
    • ライフライン:“ケアパッケージ”からレベル4アーマーとヘルメットがドロップする確率を僅かに低下。
    • レイス:“虚空へ”のクールダウンを20秒から25秒に増加。
    • バンガロール:“駆け足”の移動速度ボーナスを40%から30%に低下。
情報元:Reddit

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.