外部開発に移行していた続編「Lords of the Fallen 2」の計画が再び白紙に、改めて開発体制を刷新

2019年5月17日 23:41 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Lords of the Fallen 2」

かつて“The Witcher 2: Assassins of Kings”のプロデューサー兼フロントマンとして活躍し、初代“Lords of the Fallen”を生んだTomasz Gop氏がプリプロを進めていたものの、Tomasz Gop氏の退社や“Sniper Ghost Warrior 3”のビジネス的な失敗に伴う再編と内部開発の縮小を経て、昨年6月にニューヨークの新スタジオ“Defiant Studios”が後任のスタジオに決定していたCI Gamesの新作アクションRPG「Lords of the Fallen 2」ですが、その後の進捗に注目が集まるなか、新たにCI GamesがDefiant Studiosとの提携終了を発表。外部スタジオの協力を得て、再びCI Gamesの内部開発へと移行することが明らかになりました。

CI Gamesは、提携の終了がDefiantの品質に原因があったと説明しており、重要なマイルストーンであるバーティカルスライスの品質が十分ではなく、品質の改善を求めたものの、Defiantは期待値を満たすことが出来なかったと伝えています。

一方、Defiant StudiosはCI Gamesの発表を真っ向から直接的に否定しており、同スタジオの“Lords of the Fallen 2”のチームが非常に才能溢れる開発者で構成され、品質は十分だったと強調。このチームがJust Cause 3やCall of Duty: Advanced Warfare、Far Cry 5、Devil May Cryといった開発者によって構成され、品質の高いゲームを作り上げる方法を熟知していると前置きした上で、スタジオが契約上の守秘義務を遵守することから現時点でこれ以上のことは明かせないと説明しています。

2014年12月の始動以来、Deck 13との提携終了や計画の中断、内部開発チームの売却など、困難な状況が続いている“Lords of the Fallen 2”ですが、今回の再始動で発売にこぎ着けることができるか、見解が食い違うCI GamesとDefiant Studiosの関係を含め、今後の動向に改めて注目が集まるところです。

情報元及びイメージ:Eurogamer

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.