F2P化や独占コンテンツの廃止、Steam対応、クロスセーブを含む「Destiny 2」と大型拡張“Shadowkeep”の新情報が遂に解禁

2019年6月7日 3:54 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Destiny 2」

先ほど、GoogleのStadia対応が正式にアナウンスされた「Destiny 2」ですが、Googleのプレゼンテーションに続いてBungieによる本作の新たな取り組みに関するライブ配信が実施され、初年度のコンテンツを含むベースゲームの基本無料プレイ化や独占コンテンツの廃止、Steam対応、全プラットフォーム間のクロスセーブ、Year3を担う大型拡張“Shadowkeep”(影の砦)など、セルフパブリッシング化のアドバンテージを存分に発揮したシリーズ史上最大規模となる数々の取り組みが明らかになりました。

また、新情報の解禁に伴い、新拡張“Shadowkeep”とF2Pエディション“New Light”にスポットを当てる最新の開発映像が登場しています。

多彩な新要素が確認できる“Shadowkeep”初のViDoc
“Shadowkeep”のアナウンストレーラー
  • 新たな大規模拡張パック“Shadowkeep”(影の砦):2019年9月17日発売。エリス・モーンが導く月での新たな冒険が描かれる。Shadowkeepはスタンアロン拡張で、プレイに以前の拡張を必要としない。(※ これによって、新規プレイヤーはF2P版の“New Light”に“Shadowkeep”のみ導入するといったプレイが可能となる)
    • 新レイド:初代に登場したブラックガーデンが舞台となる新たなレイドが導入される。
    • アーマー2.0:アーマーのカスタマイズ用スロットが増加し、異なるタイプのMODが複数適用可能となる。
    • PvPの刷新:過去の人気ゲームタイプが復活を果たす。
  • クロスセーブについて:PS4とXbox One、PC、Google Stadiaを含む全プラットフォームのクロスセーブに対応。
  • 独占コンテンツの廃止:セルフパブリッシング化とクロスセーブ対応の実現に伴い、これまでPS4向けに適用された独占コンテンツが廃止される。
  • PC版のSteam移行:同じくセルフパブリッシング化に伴い、PC版のBlizzard Battle.net独占販売も終了。Steam向けの販売が開始される。またSteam対応に伴い、Blizzard Battle.netからSteamへの移行も無料で提供される。詳細は後日改めてアナウンスされるとのこと。(※ Blizzard Battle.netにおける現行の“孤独と影”販売は9月17日を以て終了する予定で、既存のプレイヤーはSteamへの移行手続きが必要となる)
  • ベースゲームのF2P化:ベースゲームの名称を「Destiny 2: New Light」に改め、F2P化を果たす。これには初年度のストーリーとストライクを含む各種アクティビティ、クルーシブルモード、リヴァイアサンレイド、“オシリスの呪い”と“ウォーマインド”拡張といったYear1の全コンテンツが含まれる。リリースは“Shadowkeep”拡張と同じく2019年9月17日。
情報元及びイメージ:PC Gamer, Polygon, Kotaku

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.