「サイバーパンク2077」のE3デモに登場した主要キャラクターを紹介するイメージと解説が公開

2019年6月26日 12:20 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Cyberpunk 2077」

昨日、本編のプリクエルとなる新作TRPG“Cyberpunk Red”のスターターキットに関する話題をご紹介した期待作「サイバーパンク2077」ですが、先日からCD Projekt Redが本作のE3デモに登場した主要キャラクターの紹介を続けており、スニークピーク映像やトレーラーにも姿を見せたキャラクター達の興味深いディテールが明らかになっています。

それぞれのファッションやスタイル、サイバーウェア、一部の過剰な肉体改造といった細部も必見のキャラクター情報は以下からご確認ください。


デクスター・デショーン(フィクサー)

「Cyberpunk 2077」

デクスター・デショーン、通称“デクス”はナイトシティでも指折りのフィクサーだ。街のありとあらゆる情報に精通しており、直観力と経験の両方を兼ね備えている。彼のお眼鏡にかなった者は必ず大成すると言われているらしい。

T-バグ(ネットランナー)

「Cyberpunk 2077」

ネットランナーのT-バグ、通称“バグ”はまさにプロ中のプロだ。卓越したスキルと強靭な精神力を併せ持ち、周囲からの信頼も厚い。彼女を知る者たちからは「バグにできなきゃ、誰にもできない」――いつしかそう言われるようになった。

プラシド

「Cyberpunk 2077」

プラシドはヴードゥー・ボーイズのNo.2だ。口数が少なく、危険なオーラを発する彼を人々は恐れ、尊敬している。笑顔の時ですら、怖くて目を合わせられないと言う者もいるらしい。しかし、幸か不幸か――プラシドが笑顔を見せることは滅多にない。

サスカッチ

「Cyberpunk 2077」

サスカッチは西パシフィカを縄張りとするギャング、アニマルズのリーダーだ。アニマルズは薬物を用いた肉体強化を信条としており、その醜悪な見た目と残忍さで知られるが、決して侮ってはいけない―― 彼らは狡猾で、プロ意識も高い。ただのチンピラとはワケが違う。

ママン・ブリジット

「Cyberpunk 2077」

ママン・ブリジットはヴードゥー・ボーイズのリーダーだ。謎多き人物であり、その底知れない怪しさには恐怖すら覚えるほどである。彼女は断固たる信念で自らの目標を追い続け、そのためなら慈悲のひとかけらも見せない。敵に回すより、味方につけたほうが賢明だろう。

情報元及びイメージ:Gamingbolt, Dualshockers, Twitter

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[doopeinfo@gmail.com]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.