オランダのパブリッシャ「SOEDESCO」がチェコ共和国に次世代向けの新コンテンツ開発を担う2番目の開発スタジオをオープン

2019年7月8日 9:30 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「SOEDESCO」

リテール版のArmelloやOwlboy、Omen of Sorrowといった作品の販売を手掛けるオランダのビデオゲームパブリッシャ「SOEDESCO」が、2015年に設立した“SOEDESCO Studios”に続く2つ目の開発スタジオ設立をアナウンスし、独自のタイトル開発に乗りだしたことが明らかになりました。

SOEDESCOの報告によると、2番目の開発スタジオはチェコ共和国のプルゼニにオフィスを構え、SOEDESCO Studiosと共に次世代PlayStationやXboxのProject Scarlett、Google Stadiaといったプラットフォームに適合するするコンテンツの開発に取り組んでいるとのこと。

情報元及びイメージ:SOEDESCO, Gematsu

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.