鼠の群れと黒死病、異端審問から逃げる姉と幼い弟を描く「プレイグ テイル -イノセンス-」の日本語PS4対応がアナウンス、発売は11月28日

2019年8月19日 22:49 by okome
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「A Plague Tale: Innocence」

悲劇的な物語と幼い姉弟の過酷な運命を描く新作として、今年5月に海外向けのローンチを果たした仏Asobo Studioのアクションアドベンチャー“A Plague Tale: Innocence”ですが、新たにオーイズミ・アミュージオが、日本語PS4版“プレイグ テイル -イノセンス-”を正式にアナウンスし、2019年11月28日の国内発売を予定していることが明らかになりました。

また発表に併せて、伝染病を運ぶ数千匹のネズミと多くの死に囲まれ、姉だけを頼りに生き延びる5歳の弟が、幼いながらも過酷な現実を目の当たりにし、絶望的な眼差しで虚空を見つめる様子、そして懸命に生き延びようと抗う15歳の少女の姿を描いた国内向けのアナウンストレーラーが公開されています。

“A Plague Tale: Innocence”は、英仏の百年戦争と黒死病によって崩壊した1349年のフランスを舞台に、両親を殺された15歳の少女Amiciaと5歳の弟Hugoの逃避行を描くアクションアドベンチャーで、夥しい数のネズミを避けるためのパズル的なメカニクスや、弟と共に生き延びるための厳しいモラル選択、その行動を見て成長する弟と姉の動的な関係など、野心的な取り組みと見事なビジュアルが注目を集め、高い評価を獲得していました。

いつの時代でも「平和」は長く続かないものだ。

フランス王国の大地が突如揺れ始め、小さな村の静寂を破る。
門前に現れる軍隊。城壁の内側で蔓延る病。防ぎきれない疫病。

学者たちは古文書や聖書を読み漁り、必死に答えを探す。
だが、そう簡単なことではない。この疫病の原因は不明なままだ。

鋭い歯、光る眼、ねじれた尾…。
ネズミの大群の脅威は容赦なく、飢えと寒さしか感じられない。

その渦中にはユーゴとアミシア。
遺児になった姉弟には戦う道しかない――。

■ 製品情報

  • タイトル:プレイグ テイル -イノセンス-
  • ジャンル:アクションアドベンチャー
  • 対応機種:プレイステーション4
  • 発売日:2019年11月28日
  • 対象年齢:CERO Z(18歳以上のみ対象)
  • 価格:パッケージ版 6,800円+税 ダウンロード版 6,800円(税込)
  • プレイ人数:1人
情報元及びイメージ:オーイズミ・アミュージオ

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.