70年代カルトのコミューンに潜入する新作アクション「The Church in the Darkness」の日本語版がPS4とNintendo Switch向けに本日発売

2019年10月3日 13:02 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「The Church in the Darkness」

かつて、初代Homefrontのシングルプレイヤーキャンペーンやキャンセルとなった問題作Rainbow 6 Patriotsのストーリーを手掛けたベテランRichard Rouse III氏が開発を率い、PortalのGLaDOS役で知られるエレン・マクレインとTeam Fortress 2のスナイパー役で知られるジョン・パトリック・ローリー夫妻をカルト教団の教祖役に起用した新作としてアナウンスされ、今年8月に待望のローンチを果たしたParanoid Productionsのデビュー作「The Church in the Darkness」ですが、新たに架け橋ゲームズが本作の国内発売を正式にアナウンスし、本日よりPS4Nintendo Switch向けの日本語版が購入可能となっています。

また、日本語版の発売に併せて人民寺院を想起させるストーリーやゲームプレイを紹介する字幕入りのリリーストレーラーが登場しています。

その理想郷が辿りつく未来は…カルト集団へ潜入する緊迫のステルスアクション『The Church in the Darkness』Nintendo Switch™ / PlayStation®4版リリースのお知らせ

本日、Fellow Traveller は自分の行動次第で物語が変化していく緊張感あふれるステルスアクションゲーム『The Church in the Darkness』を Nintendo Switch™ / PlayStation®4にてリリースいたします。

また、2019年8月にリリース済みの PC(Steam)版についても、架け橋ゲームズが手掛ける日本語テキストがアップデートされております。

「フリーダムタウン」と呼ばれる社会主義的な理想郷を目指した町で何が起きているのか、そして、家族である甥は無事なのか…さまざまな思惑が渦巻く町が辿りつく結末をその目でご覧ください。

『The Church in the Darkness』とは

自分の行動次第で物語が変化していく緊張感あふれるステルスアクションゲーム

「The Church in the Darkness」

――1970年代、アメリカ。

カリスマ的な指導者「アイザック」と「レベッカ」は、人々に差別撤廃や平等の必要性を説いていた。しかし、アメリカ合衆国からの迫害を恐れ、500人の信徒を連れて南米のジャングルへと移住。

その地で社会主義的な理想郷を作ることを目指したのだ。

あなたは、その信徒として移住した甥の「アレックス」の安否を確認するためにジャングルへ単身で潜入することとなる。

「フリーダムタウン」と呼ばれる町で一体何が起きているのか、彼らは単なるカルト集団なのか、それとも、もっと別の何かなのか…。

さまざまな思惑が渦巻く町で、真実を追い求めよ。

「The Church in the Darkness」
「The Church in the Darkness」

<ゲームの特徴>

  • カルト集団の真実を探れ:町で出会う人々や、探索で発見できる文書や手紙から謎多きフリーダムタウンの真の姿が見えてくる。行方知れずとなったアレックスを探しながら、理想郷と呼ばれる土地に秘められた謎に迫ろう。
  • 自身の決断でストーリーが変化する:さまざまな物語が展開するマルチエンディングシステムを採用。フリーダムタウンでは誰も傷つけずに行動することもできれば、あなたの道を阻む者たちを排除しながら進むことも可能だ。すべての選択の先に行きつく結末を見届けよ。
「The Church in the Darkness」
「The Church in the Darkness」
「The Church in the Darkness」

『The Church in the Darkness』詳細

【デベロッパー】Paranoid Productions について

Paranoid Productions はベテランデベロッパー Richard Rouse III によるシアトルのインディーゲーム開発チームです。ユニークなテーマを持ったゲーム体験と、ゲームならではの手法が詰まったタイトルの制作を行っています。ゲームをプレイしたみなさんに大きな衝撃を与える物語を提供するために挑戦し続けています。

公式サイト: http://paranoidproductions.com/

【パブリッシャー】Fellow Traveller について

2011年に設立された Fellow Traveller は、普通とは違った物語をコアにしたゲームを常に探し求めています。ゲームという世界の境界線を押し広げてくれるような開発者やアーティストをサポートし、まだ見ぬ領域へ踏み込もうとするゲームと、何か違ったものを求めるプレイヤーを繋げることを信念としています。代表タイトルとして『The Stillness of the Wind』や、『FRAMED Collection』『Neo Cab』など。

公式サイト: http://fellowtraveller.games/

【本ゲームの日本語版 窓口担当】架け橋ゲームズについて

架け橋ゲームズは「日本と海外の架け橋」となるべく、海外インディーゲームの日本市場向けローカライズやリリース支援を行っているプロフェッショナル集団です。2013年の設 立以来、日本市場に送り出したゲームは『Katana ZERO』『GRIS』『The Messenger』『Dead Cells』『Kingdom: Two Crowns』『Overcooked®シリーズ』『Hollow Knight (ホロウナイト)』など150以上のタイトルをサポートしてきました。

公式サイト:www.kakehashigames.com
Twitter:@kakehashigames

情報元及びイメージ:プレスリリース

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.