Dead SpaceにインスパイアされたインディーSci-Fiホラー「Negative Atmosphere」の武器とゴア描写に焦点を当てる開発映像が公開

2019年10月14日 13:05 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Negative Atmosphere」

かつてCalvin Parsons氏の個人的なプロジェクトとして始動し、現在は氏が自ら設立した新スタジオSun Scorched Studiosの下で本格的な開発が進められている“Dead Space”風のインディーSci-Fiホラー「Negative Atmosphere」ですが、新たにスタジオが本作の多彩な武器とゴア描写に焦点を当てる開発ビルドのフッテージを公開しました。

ライフルやサブマシンガン、ショットガン、スナイパーライフルに加え、放射系のビーム兵器を含む興味深い映像は以下からご確認ください。

新たに公開された武器とゴア描写の開発フッテージ

“Negative Atmosphere”は、多くのSFとホラーゲーム、三人称視点のシューターにインスパイアされたUnreal Engine 4採用のSci-Fiホラーシューターで、TRH Rusanovと呼ばれる輸送船を舞台に、元コンバットメディックの主人公Samuel Edwardsが恐ろしいクリーチャーに変化したかつての同僚やロボット達を相手に戦う物語を描くほか、少ない弾薬の活用や動的なレベルイベント、近接攻撃と多彩な武器のラインアップ、ハッキング可能なドローンやロボット、ステルスシステム、無重力地帯の移動、ホログラフィックを利用したゲーム内UIといった要素を特色としています。

参考:今年9月に公開された“Negative Atmosphere”のゲームプレイティザートレーラー

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.