イウォークとストームトルーパーの戦いを描く「Star Wars Battlefront II」の期間限定モード“イウォーク・ハント”がアナウンス、開幕は10月23日

2019年10月22日 0:31 by katakori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sp
「Star Wars Battlefront II」

2017年11月のローンチ以降、現在も新コンテンツの導入や多彩な改善が進められている「Star Wars Battlefront II」ですが、新たにEAが期間限定イベント“イウォーク・ハント”をアナウンスし、2019年10月23日の開幕を予定していることが明らかになりました。

昨年に引き続き開催される“イウォーク・ハント”は、イウォークとストームトルーパーの戦いを描く非対称モードで、ギャラクティック・アサルトのマップをベースにしたエンドアの新ロケーションを特色としています。

10月23日、イウォーク・ハントをプレイしたくなる5つの理由

「Star Wars™ バトルフロント™ II」のイウォーク・ハントに新たな戦場を追加。

10月23日、「Star Wars™ バトルフロント™ II」のスリルあふれる非対称モード「イウォーク・ハント」がアップデートされ、エンドアの新ロケーションが追加されます(※)。イウォーク・ハントについては、こちらこちらで詳しく読むことができます。今回は、このアップデートされたモードがこの季節にぴったりな理由を5つご紹介します。震えないように暖かくして、以下をお読みください。

…とは言いましたが、その前に一瞬、エンドアの広大な森に夜のとばりが下りる中、ストームトルーパーになった自分を想像してみてください。部隊とはぐれて一人取り残されてしまったあなた。遠くに仲間の声が聞こえます。そして突如!木々の間を跳ね回る影があることに気づきます。連中に違いありません。ブラスターに取り付けられたフラッシュライトを強く握りしめますが、バッテリーは刻々と減っていきます。早く仲間に追いつかなければ…

救出部隊はまだなのか?

圧迫感さえ感じる森の静けさの中に、低く鋭い音が響き渡ります。そしてそれに応える新たな音。角笛です。ああ…マズイ。これはマズイ状況です。パニックになりかけたその瞬間、「撃て!」叫びとともに部隊のいるらしき方角で赤い火線が狂ったようにまき散らされます。10秒…15秒ほど続いたでしょうか?そして攻撃はぱったりと止みます。訪れる静寂。

息をひそめるも、すぐに森の植生をかき分け、何かが素早く近づいてくるのに気づきます。フラッシュライトはバッテリーを使い果たし、あたりは闇に包まれ…あなた必死に周囲を見渡します。速くなる呼吸。待った…あの影は帝国軍基地でしょうか?違いありません!

必死に走りますが、たどり着いた先で待っていたのは固く閉じられたゲートでした。壁に背を付け、いましがた走ってきた方へとE-11を向けるあなた。命がけの戦いが幕を開けます…。

さあ、雰囲気を感じ取っていただけましたか? それでは以下に10月23日からのイウォーク・ハントが楽しみな5つの理由をご紹介します:

1. 新ロケーションが登場

ゲームモード「イウォーク・ハント」が2018年4月にリリースされた際は、前作「Star Wars バトルフロント」(2015)のエンドをベースにしたロケーションが合わせてリリースされました。今回追加される新ロケーションも(もちろんイウォークやその他の楽しい要素がいっぱいの)エンドアが舞台ですが、「Star Wars バトルフロント II」のギャラクティック・アサルトのマップがベースとなります。

2. 最高に怖い体験が待っています

イウォークは一見するとかわいらしい見た目をしています。モコモコの毛皮。小さな体。しかし彼らは槍を持ち、ウィスティを投げつけ、時に極めて好戦的です。集団で狩りをし、住居の周囲の縄張りには罠が仕掛けられています。ストームトルーパーははるかに進んだ武器を持っているかもしれませんが、夜の闇の中ではその力は互角です。

フラッシュライトを浴びて爛々と輝くイウォークの瞳は恐怖を誘ってやまないでしょう。

3. 「Star Wars バトルフロント II」の他のモードでは味わえない体験

とはいえ、怖いばかりのゲームモードではありません。もちろんホラー的要素もありますが、どこかリラックスしたモードでもあります。トリック・オア・トリート。ハロウィンのおどろおどろしくも楽しい、いたずら感を思い出してください。エンドアの夜の森は同じ愉快さにあふれています。

エンドアの環境を包む音とビジュアル。樹上の集落に揺れる明かり。ストームトルーパーでの強制一人称視点。すべてが合わさり、最高に臨場感あふれる体験がもたらされます。フレンドを誘い合わせてお楽しみください!

4. ステージへの驚きの変化

慣れ親しんだように思える森かもしれませんが、ギャラクティック・アサルトの戦いから時が経過したこの場所には、独自の手が加わっています。AT-ATが置かれていたウォーカー格納庫はイウォークが占領して、小屋を建て、施設の屋上に上がれるようになっています。ストームトルーパーの皆さん、奇襲に気を付けておきましょう!

また、マップの反対側の帝国軍基地は、以前敵に圧倒されて閉鎖されており、逃げ込んで防衛拠点とすることはできなくなっています。哀れなトルーパーたちはさらに追い詰められることでしょう。

5. イウォークでプレイ可能

これは当然と言えば当然ですが、イウォークになって戦えるチャンスなんてほかにいくつあるでしょう?この機会を逃す手はありません!角笛を鳴らし、槍を研ぎ、樹上から敵めがけて飛び掛かりましょう!もちろん、かけ声は「アイーハー!」

最高じゃありませんか?

情報元及びイメージ:Star Wars Battlefront II

本日のニュース一覧

おこめの「The Elder Scrolls V: Skyrim」記!

skyrim記リターンズその136
「4コマ:攻撃しようにも」
skyrim記
“Skyrim”記バックナンバーはこちら

“Skyrim”記リターンズバックナンバー
Lineスタンプ
おこめがLINEスタンプを作りました!
かわいい子達がたくさんいるのでよかったらどうぞ。

アーカイブ

doope.jpについて

doope.jpは国内外の様々なゲームに関するニュースをご紹介するゲーム総合情報サイトです。
当サイトに関するご質問等はお問合わせフォームをご利用頂くか、またはメールで[[email protected]]までお問い合わせ下さい。
sp



About the author

かたこりTwitter ):洋ゲー大好きなおっさん。最新FPSから古典RPGまでそつなくこなします。

おこめTwitter ):メシが三度のメシより大好きなゲームあんまり知らないおこめ。洋ゲー勉強中。

Tag

Copyright c image and method All Rights Reserved.